Fashion Show

NULABEL

テーマは”NUROMANCER 1984” 。
ウィリアムギブスンが1984年に発表したNeuromancerが描くサイバーパンクの世界観をイメージにコレクションを創り出した。

今期を象徴している透明のビニール傘は、国内でも唯一国産で製造を続けている老舗 White ROSEに別注したアイテム。
東京洋傘を代表する前原光榮商店との別注アイテムも作成しており、楷書体で”東京哀愁”(TOKYO BLUES)のプリントが入る。

サイバーパンクの世界はディストピアをイメージするが、NULABELはより良い未来への希望も込めてサスティナブルな素材や付属、技術を様々な方法で取り入れている。

ペットボトルを再利用したポリエステル素材をはじめ、リサイクルが困難と言われているナイロン素材を使用。
不要になった衣類を回収して糸に戻し、編み上げたジャージーで製作したTシャツや、55%リサイクル素材で構成されたプリマロフトを中綿として搭載したブルゾンも展開する。

綿を使用したカットソー類にはオーガニックコットンを採用した。

手作業で製作した純銀のブローチは、絶滅危惧種になりつつある伝統工芸士との協業によるもの。失われつつある技術を守る事もサスティナブルであるというブランドの考えから今回のコラボレーションに至った。

ブランドオリジナルテキスタイルのリフレクターツイードを始め、同反射糸を使用した特殊ステッチ等、機能性と装飾性を融合させる実験的アプローチも継続的に行なっている。

ASICSとの初のコラボレーションによるパフォーマンスシューズをベースとしたスニーカーをラインナップに加え、よりブランドの世界観を強固にさせた。

様々なチャレンジをする事で新たな可能性・浪漫を提示し、無形有形問わず新たな価値観を生み出し、ニューレーベルを創り出す。

PHOTOGRAPHY : TAKAHITO SASAKI
STYLING : ATIP W
HAIR : TAKUYA MORIMOTO
PHOTOGRAPHY ASSISTANT : KENTARO MURATA
MODEL : ARRAN

コメントをどうぞ