Party

MCM Celebrates Its Heritage by Showcasing The New and The Next in Berlin VIVA MCM! VIVA BERLIN!

グローバルラグジュアリーブランドMCMは、ドイツヘリテージとそのDNAを体現すべく“VIVA MCM! VIVA BERLIN!”のテーマを掲げ10月4日、5日の2日間にわたり、想像もつかないような街角に今もなおクリエイティビティを再建させ続けているベルリンを称え、メッセージ性の高いアートやミュージックシーンとともにショーケースイベントを開催した。

1976年にミュンヘンにて設立されたMCMは、ドイツのクラフツマンシップとミレニアルスタイルのインターナショナルシンボルとして展開し、クリエイティブコミュニティを併せ持ったグローバルカルチャー都市・ベルリンに接点を見出し、共感している。
バウハウスの活動に感銘を受け、21世紀の時代精神を象徴するMCMのコンセプト、ニュースクールラグジュアリーは、まさに現在のカルチャーシーンを表現。また、MCMというブランドそのものが、東や西など様々な人々が革新的なアイデアを持って交錯する、自由な思想を持ち、新しき未来を創造し、伝統と革新の精神の息づいたコンテンポラリーユースカルチャーの中心都市・ベルリンに共鳴し、日本からは秋元梢さんをはじめ、インターナショナルメディアやインフルエンサーをこの“ジャーニー”に招待した。
 
初日は、The Store at SohoHouse Berlinにてベルリンのエレクトリックなインターナショナルミュージックシーンを凝縮したパーティーを開催。Martinez Brothers のリミックスでも知られているDJ兼プロデューサーPeggy Gou氏のプレイで幕を開け、ベルリンで活躍中のテクノボーイバンドトリオFJAAKに引き続き、オーストラリア出身のミュージシャン兼ペインター、パフォーマンスアーティストEgonElliutによりエンディングを迎えまた。大胆で自由なベルリンの精神と、サウンドの境界を押し広げるDJたちのコミットメントを体現した一夜となった。
このオープニングパーティでは、FJAAKとMCMのコラボレーションを発表。トラベルにインスピレーションを受けたFJAAKがMCMのために制作した20分のミックスを収録したUSBポーチが公開された。
 
続く2日目には、ベルリンのアートコミュニティ―の中心であるKönigGalerieにゲストを招き、ディナーとともにスペシャルコレクションを発表。KÖNIG SOUVENIRによるキュレーションのもと、ギャラリー、アーティストがMCMのプロダクトを使って製作した、ユニークなMCMリミテッドコレクションをお披露目した。
「我々は、“Opinion Wear”を作り出したいのです。アクセサリー、洋服、そのほか日用品で、意思を表明するもの、大胆でカッティングエッジな世界の見方を表現するような、偉大なアートと同じやり方のもを。」KÖNIG SOUVENIRファウンダー兼パートナーであるDavid Mallonは語る。
MCMのチーフ・ヴィジョナリー・オフィサーであるキム・ソンジュいわく、「ベルリンは象徴的な歴史を持つ都市です。しかし自由と表現を探求し続けることで、生まれ変わり続けています。MCMはベルリンのその再生のムーブメントとクリエイティヴコミュニティ―に強いインスピレーションを受けました。アート、ファッション、エンターテインメントが融合し、アンダーグラウンドがメインストリームと合流する都市、それがベルリンの今なのです。」


コメントをどうぞ