Fashion Show

DAIRIKU

1980年代のアメリカ、ブロンクス。
厳しい母親に育てられた一人の少年。
屋根裏部屋で真っ白なエアフォースに履き替え、 母親の目を盗んではワルい仲間のもとへ向かっていく。
刺激的な毎日を過ごしていた”まじめな少年”は音楽と出会い、 やがて大きな夢を掲げる。
レコードが擦り切れるほど聞いたあのアーティストのように 彼は“American Dream”を掴み取れるのだろうか

テーマは“American Dream”
デザイナー自身の少年期からの思い出を懐古的に描いたこれまでとは異なり、2019秋冬コレクションでは、とある伝記映画のワンシーンから着想を得ている。
80~90年代のアメリカ東海岸のヒップホップカルチャーがテーマになっており、ニットセーターやファージャケット、スカーフ柄シャツにベースボールシャツ等、当時のラッパー達を彷彿とさせるアイテムをDAIRIKUらしく再構築し、現代的に昇華した品番が揃う。
また、”良い子”のイメージが強いダッフルコートのトグルを全排除し、スナップボタン仕様に”崩す”など、Storyにもある少年の二面性が各アイテムのディティールに落とし込まれているのもDAIRIKUならでは。

Stylist:Kan Fuchigami
Photo:Shun Komiyama
Hair make:Ryutaro Nagasawa

コメントをどうぞ