News

PAUL& JOE ブランド初となるウエディングドレスコレクションを発表


 
ファッション&ライフスタイルブランド「PAUL& JOE」は、株式会社クラウディアとのライセンス契約を締結し、ブランド初となるウエディングドレス(13型17着)を発表する。
 
「PAUL & JOE」は、1995年にソフィー・メシャリーが自身の息子2人の名前を冠したメンズブランドを立ち上げたことから始まり、1996年にはレディスライン、2002年にブランドの世界観をそのまま反映したコスメライン「PAUL & JOE BEAUTE」をスタート。クリエイターでありながら母親であり、働く女性でもある彼女の日常から生み出される“ACCESSIBLE LUXURY(手に届く贅沢さ)”をコンセプトに、楽しさに溢れ、デザインのいたる処に“JOIE DE VIVRE(生きることの喜び)”が散りばめられた、現代のパリを表現するブランドとして高い評価を受けている。
 
2017年6月、「PAUL& JOE」の世界観そのままのウエディングドレスコレクションが発表となる。全てのドレスをクリエイティブディレクターソフィー・メシャリーが監修し、ファッションの最先端パリのエッセンスがふんだんに表現されている。さらにソフィー・メシャリーは、ドレスだけでなく、ビジュアルに対しても強いこだわりを持っており、これまでのウエディングドレスブランドにはない完成度の高いものに仕上がっている。2017年秋より全国の有名ホテル・ドレスショップにてレンタルが開始される。
 

コメントをどうぞ