News

増田セバスチャンによる“カラフルな精神を持ったオトナ”の為の新ブランド「6-D Sebastian Masuda」がデビュー

アーティスト・増田セバスチャンによる新ブランド「6-D Sebastian Masuda」(シックスディー セバスチャンマスダ)が10月24日にデビュー。都内で1stコレクションを発表する。
 
増田セバスチャンは演劇・現代美術界でキャリアをスタート。国内外で個展やアートプロジェクトを実施し、現在は平成29年度文化庁文化交流使としてアムステルダムに滞在中しているが、今回のショーのタイミングで一時帰国する。1995年にオープンしたショップ「6%DOKIDOKI」は、原宿ストリート発のファッションを代表するスタイルとして22年目の今も世界中で人気を誇っている。
 
ブランド名にある6-DはSix dimension、Six senseに由来し、1stコレクションは見た目でわかるポップなカラフルさを封印。テーマに「Noise it Colorful.」を掲げ、蔓延する無個性・大量生産・大量消費のファッションに対しての1つのこたえを提示する。コレクションに先駆けて発表されたステイトメントでは、年齢を重ねても内面に沸々と残る精神的なカラフルさ…多様性、過激さ、遊び心を持ち続けるオトナ達へのメッセージが込められている。
 
アイテムはレディース・メンズ共に揃い、PVCなどの素材を使用しつつも30代、40代がパーティーやディナーにも着ていけるようなセットアップ、ワンピース、ブラウスなどフォーマルなものから、増田セバスチャンのアートワークをプリントしたカットソーなど気軽に取り入れられるアイテムも披露される。
 
 
【6-D Sebastian Masuda 1stコレクション「Noise it Colorful.」】

親愛なるオトナの皆様へ
僕らの憧れた未来は、 もっとハッピーで色とりどりの世界だった。
オトナになるっていうのは、 確か自由を手に入れることだったよね?
誰かのコントロールで作られた個性なんて、
大量に作って吐き捨てられるチューインガムのようなもの。
どこかで歪んだ未来がやってきた。
今こそ叫ぼう
自分 を かき乱せ
“Noise it Colorful.”

増田セバスチャン

コメントをどうぞ