News

CAMPFIREがビームス創造研究所と共に 地域の伝統文化をプロデュースする「RISING of LOCAL YOUTH」開始


 
株式会社CAMPFIREは、株式会社ビームスと協業し、若手職人・クリエイターと共に地域の伝統的なものづくりを現代のライフスタイルに合わせた商品として企画し、クラウドファンディングを通じて世の中に発信することで、地域の魅力を再発見することを目的とした「RISING of LOCAL YOUTH(ライジングオブローカルユース)」プロジェクトを、2018年1月24日より開始した。ビームス創造研究所シニアクリエイティブディレクターの南馬越一義氏プロデュースのもと、伝統工芸品や食材等の商品企画を行い、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」にて先行販売と資金調達を行っていく。2018年内に4地域での実施を計画しており、今後は全国展開を目指す。
 
 
「RISING of LOCAL YOUTH」プロジェクトについて
CAMPFIREは、地域活性型クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE ×LOCAL(キャンプファイヤーローカル)」にて全国60の公式パートナーと提携しており、これまでにも行政や学校・個人など地方での挑戦をサポートしてきた。ビームスが運営する「ビームス創造研究所」では、日本各地における地域活性化プロジェクト「KENDAMA TOHOKU(ケンダマトーホク)」や「STAND FORTY SEVEN(スタンドフォーティーセブン)」等を実施。この度両社が協業し「RISING of LOCAL YOUTH」プロジェクトを開始することで、地域の若手職人やクリエイターの商品開発・製品化をサポートする。

地域の伝統的なものづくりと多数のコラボレーション企画を実施してきた南馬越一義氏のプロデュースのもと、伝統工芸や地場産業を現代のライフスタイルに合わせてデザインすることで、モノの良さを再認識することを目的としており、CAMPFIREはクラウドファンディングにおけるプロジェクト作成時のノウハウ提供及び特設ページの作成、広報活動等の支援を行っていく。
 
 
「RISING of LOCAL YOUTH」特設ページ: https://camp-fire.jp/channels/rising_of_local_youth
 
「RISING of LOCAL YOUTH」プロジェクト第一弾、「 暮らしにいいモノ」
「RISING of LOCAL YOUTH」プロジェクト第一弾として、経済産業省中国経済産業局主催のもと、中国地域を中心とする西日本地区の伝統的工芸品や工業製品等、既存の「いいモノ(品質の良い物)」に「かわいい・おしゃれ・クール」などの要素をプラスし、生活に彩り・楽しさ・快適さを添える「暮らしにいいモノ」の開発を実施。完成品は2018年1月31日より開催される「東京インターナショナルギフトショーLIFE×DESIGN展」へ出品し、7プロジェクトがクラウドファンディング「CAMPFIRE」にて支援募集を行う。また、本プロジェクトは株式会社パルコと連動し、CAMPFIREでのプロジェクト期間中には、パルコが運営するクラウドファンディングサービス「BOOSTER(ブースター)」からCAMPFIREの特設ページへの遷移及び、関東エリアのPARCOにおけるサンプル展示や広島PARCOでのプロモーション機会を予定している。

 
「暮らしにいいモノ」にて実施する7プロジェクト詳細
1. 「福田手袋/パッチワークマフラー」
 URL:https://camp-fire.jp/projects/view/59209
2.「晃祐堂/Kumano-Fude」
 URL:https://camp-fire.jp/projects/view/59709
3. 「NonʼZ House/くつしたいつ」
 URL:https://camp-fire.jp/projects/view/59709
4. 「Aroma RUB/パウダリーアロマ」
 URL:https://camp-fire.jp/projects/view/59791
5. 「トーホー/Beads Couture Jewelry」
 URL:https://camp-fire.jp/projects/view/59669
6. 「孔官堂 / Japanese Blended Incense」
 URL:https://camp-fire.jp/projects/view/59157
7.「泰山堂 / 金・銀屏風」
 URL:https://camp-fire.jp/projects/view/60698

コメントをどうぞ