News

20年間欧米シーンを牽引してきたエージェンシー、ポコが日本デビュー 世界一流アーティストたちによる新作コラボレーションを発表

ロンドン/ベルリン/ミラノを拠点に約20年の歴史を誇るクリエイティブ・エージェンシー、POCKO​(ポコ)​がいよ いよ​「POCKO JAPAN​(ポコ・ジャパン)​」を設立​。POCKOがマネジメントを行う世界中のアーティストからセレクトした20名による、本展のための特別な新作コラボレーションを発表するグループ展「POCKO PARK: SOUND OF WAVES​(ポコパーク:サウンド・オブ・ウェーブス)​」がパークホテル東京にて6月3日より開催される。
 

《Hands On》
© Vasty × Niky Roehreke
courtesy POCKO Japan

 
欧州で培われたおよそ20年間に渡るPOCKOの歴史のなかで、最も得意としてきたのが「コラボレーション」。本展覧会では、写真/絵画/イラストレーション/アニメーションとメディウムを問わず、アーティストたちをコラボ レーションとして組み合わせ、本展のために制作された新作をお披露目する。
 
テクノロジーやソーシャルメディアに溢れる現代は、逆説的に、各々が個として存在することを求めているとも言える。そこでPOCKO JAPANは、これまで共作をしたことのないアーティストたちを組合せ、ブラインドデートを 掛けるかのように、展覧会をつくった。
 
アートホテルで知られる夏のパークホテル東京を、ホテル初めての試みとして、3フロア​(25F/31F/34F)​に渡りひとつの展覧会で満たす。
 
 
ART colours Vol. 29/​THE ART OF COLLABORATION 『​POCKO PARK​ SOUND OF WAVES』
会場 東京都港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワー(フロント25F) パークホテル東京/25F, 31F, 34F TEL : 03-6252-1111(代)
会期 2019年6月3日(月)〜 9月1日(日) 11:00〜20:00(会期中無休)
アーティスト Hiro Sugiyama​(ヒロ杉山)​ × Paul Bower ​(ポール・バウワー) Michela Picchi​(ミケラ・ピキ)​ × Masanori Ushiki​(牛木匡憲) Linn Fritz​(リン・フリッツ)​ × Kyoko Hamada Keenue​(キーニュ)​ × Marco Oggian​(マルコ・オッジャン) Svetlana Fialova​(スヴェトラナ・フィアロヴァ)​ × Ichiro Kono​(河野一郎) Martin Holtkamp​(マーティン・ホルトカンプ)​ × Nomoco Haruna Kawai​(カワイハルナ)​ ×​ Van Santen & Bolleurs​(ヴァン・サンテン & ボユール) Vasty​(ヴァスティ)​ × Niky Roehreke​(ニキ・ローレケ)​ and more…
企画・構成 Nicola Schwartz (POCKO JAPAN) ​(ニコラ・シュワルツ/ポコジャパン)
 
 
POCKO JAPAN について :
POCKO​(ポコ)​は、ロンドン/ミラノ/ベルリンに拠点を置くクリエイティブ・エージェンシー。約20年間に渡り、 世界中のヴィジュアルアーティストと企業ブランドの橋渡しに尽力し、コラボレーションを生み出してきた。 POCKOはロンドン、ミラノ、ベルリンに拠点を置いてきたが、このたび新たに東京にも設立する。
POCKO代表のNicola Schwartz​(ニコラ・シュワルツ)​は、これまでAlexander McQueen、Bjork、The Pixies、4AD Recordsとのコラボレーションを経て、共にロイヤル・カレッジ・オブ・アート​(ロンドン)​卒業生である河野一郎と POCKO JAPANを運営する運びとなった。
POCKO JAPANは、西洋と東洋の文化をPOCKOらしく橋渡ししていく。コラボレーション、イノベーション、 トラディションそしてクリエーションの楽しさを大いに謳歌しながら、新たな価値を生み出していく。今回は、 アートホテルとして世界中から注目を集めるパークホテル東京にて、総支配人・鈴木隆行氏の協力を得て、シリーズに渡り展覧会を企画。欧米本場の遊び心あふれるクリエーションが、東京で大きく花開く。

コメントをどうぞ