News

WHEIR Bobson 伊勢丹新宿店にてPOP UP STOREを開催


 
WHEIR Bobsonは11月1日より伊勢丹新宿店にてPOP UP STOREを開催する。
 
AW17シーズンはメンズゲストデザイナーにdoublet 井野将之氏を起用。
ベーシック・スタンダードなアイテムを基本に唐突なアイデアを混ぜ込んだ「違和感のある日常着」をコンセプトに掲げている井野氏。異様なほど大きい革パッチに主張の強い大振りのピスネームがついた、トラディショナルを守りながら過度の主張をしたセットアップ、ストレッチデニムをジャージ生地に見立ててサイドラインにBOBSONのトレードマークをつけたトラックスーツなど、トレードマークがあるからこそ成り立つデザインをデニムというアイテムに置き換え、ストリート感を交えて表現している。
ウィメンズは前シーズンに引続き、ゲストデザイナーCINOH 茅野誉之氏によるコレクション、得意のデニム素材をフェミニンなラインやシルエットで表現した。
今回は、ヘビーウエイトインディゴデニムの3トーンシェードをパーツごとにブロッキングしたコートなど、一つのアイテムの中に様々な表情が見られるよう、濃度・オンスの違うデニムを掛け合わせたデザインの提案を行なっている。
展開アイテムはデニムコート(¥35,000)、デニムジャケット(¥25,000)、デニムスカート(¥18,000)など。
 
- MENS GUEST DESIGNER –
doublet/ 井野将之 東京モード学園卒業。企業デザイナーとして経験を積んだ後、ミハラ ヤスヒロにて靴・アクセサリーの企画生産を務めた。 その後、パタンナー村上高士とともに、「ダブレット(doublet)」を立ち上げた。
 
- WOMENS GUEST DESIGNER –
CINOH/ 茅野誉之 「一瞬の時の中に存在するだけでなく、ワードローブ・想い出に残るモノ創り」を理念とし、 伝統の無い自由な発想から生まれる東京のストリートをベースにしている。 また今までの服装史やその背景にあるカルチャー、現在の世の中からシーズン毎に感じとったモノ・コトを、遊び心と高揚感を持った大人のリアルクローズへと落とし込んでいる。
 
WHEIR Bobson POP UP STORE
会場 伊勢丹新宿店 本館2階 グローバルクローゼット/ ジーンズ売場
期間 2017年11月1日(水) ~ 14日(火)
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
TEL: 03-3352-1111
問い合わせ先 キシユニバース(ウェア ボブソン)/ 03-3861-9193

コメントをどうぞ