News

ジュエリーブランド『DEW by KanakoHayakawa』が初のポップアップショップを銀座三越で開催


 
ジュエリーブランド『DEW by KanakoHayakawa』が、12/6~12/12の期間で、銀座三越にポップアップストアを出店する。期間中はデザイナーも店頭に立ち、コーディネートやセミオーダーなど直接の相談も可能。
 
肌の上で滑らかに輝く“湿度のあるジュエリー”をテーマに、独特の曲線と細かなテクスチャーが施されたアイテムたちは、「艶やかな女性をより引き立てるようなジュエリーを」というデザイナーの思いが込められている。
デザイナーの早川加那子は、建築、映像のセット美術の分野を経て、2013年よりジュエリーの製作をスタート。主にオーダー制での製作を続けてきたDEWが、百貨店でコレクションを展開するのは今回が初の機会となる。
今回のポップアップストアでは、デザイナーの生まれ育った風土を背景に、草花を想起させるコレクション“BOTANICAL”と、ブランド名にもなっている夜露・朝露を纏う様を表現した繊細なコレクション“DEWDROP”の2つを展開する。
価格は約1万円~40万円程と、手に取りやすいアイテムからスペシャルピースまで幅広いラインナップを予定。
また、普段から交流のあるアパレルブランドSATOKO OZAWAも参加し、洋服とジュエリーを合わせた提案も楽しみなイベントとなっている。
 
 
【ポップアップ情報】
会期 12/6(水)~12/12(火)
会場 銀座三越4F=グローバルメッセージ
時間 10:30~20:00 ( 8(金)、9(土)は10:30~20:30 )
 
DEW by Kanako Hayakawa
デザイナー、早川加那子。
岐阜県付知町出身。建築、セット美術の分野を経て、2013年からジュエリーの製作をスタート。ジュエリーを軸としたワンシーンの演出を考えた事が製作のきっかけであり、指から大きく飛び出したリングはブランドのアイコンでもある。
「艶やかな女性を引き立てるように」と製作されるジュエリーは、独特の曲線と細かなテクスチャーから“湿度を感じる”ような作風が特徴。生まれ育った故郷の、豊かな自然の中で育まれたセンス・オブ・ワンダーが、DEWのものづくりの原点となっている。
現在は、受注制でコレクションラインの生産と、一点物やブライダルなどフルオーダーの製作の両方を行う。
http://dew-kanakohayakawa.com
 
SATOKO OZAWA
https://www.satokoozawa.com

コメントをどうぞ