News

writtenafterwards Fashion Show “After All” 開催


 
writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)は11月9日(土)にアートイベント「UENOYES2019 “FLOA TING NOMAD”」に参加し、上野恩賜公園(噴水広場)にてファッションショーを開催する。ファッションショーは一般のお客様も観覧可能なイベントとなっている。
 
 
【writtenafterwards Fashion Show “After All”】
日程:11月9日(土)
時間:16:30 OPEN / 17:00 START
会場:上野公園恩賜公園竹の台公園(噴水広場) 住所:東京都台東区8 上野公園5-6
*一般のお客様もスタンディングでのご観覧が可能です。 ショー会場の混雑状況により安全確保のため、入場規 制を行う場合がございますので、あらかじめご了承ください。
*ショー会場は野外となりますので、暖かい服装でお越しください
  
  
「UENOYES2019 “FLOATING NOMAD”」
日比野克彦総合プロデューサーの下、ファッションデザイナー・山縣良和氏をディレクターとして迎え、上野恩賜公園 竹の台広場を舞台にスペシャルアートイベント「UENOYES2019 “FLOATING NOMAD”」を開催します。
テーマである“FLOATING NOMAD (=浮遊遊動民)”は、上野恩賜公園というオープンな空間へ、多様な国や地域から集まった様々な立場の人々がまるで遊動民のように思い思いの装いで集い、表現や行動を通じてダイバーシティを表わし、交流や学びの場を形づくるインクルーシブなアートイベントとなっていく様子をイメージしています。
当イベントでは、会場のランドマークおよびワークショップスペースとなる《段ボールオブジェ・サイト》を、日比野氏監修・総指揮の下、東京藝術大学のDOORプロジェクト受講生と山縣氏が主宰するファッション私塾「coconogacco/ここのがっこう」の混成チームが中心となって制作・設置します。
また、奈良を起点に北京〜ウルムチ〜ペルセポリス〜パルミラを経てトルコまでを辿った《篠山紀信「シルクロード」写真展》や、
ライブストリーミングスタジオ「DOMMUNE」がこの二日間限り集結し独自のスペシャルプログラム等を配信する《DOMMUNE UENOYES》、
フランス人写真家のシャルル・フレジェによる写真展等、テーマに沿ったコンテンツを展開予定です。
特に、会場の噴水池を会場としたファッションショー形式で発表する山縣氏のレーベルの最新コレクションは、当イベントならではの演出内容となっており見どころの一つです。

コメントをどうぞ