Fashion Show

OSKLEN

OSKLENのクリエイティブ・ディレクターであるOskar Metsavhatは2017年4月公開予定の「SOUNDTRACK」という映画でアートディレクションを担当したことで、彼が人生で初めて挑んだ雪山遠征の思い出が蘇ったという。
この映画の舞台は北極圏にある調査機関で、ここに滞在することになった若手アーティストが主人公の映画である。彼がこの調査機関の科学者たちと一緒に過ごしていく中で、次第に彼の心に変化が生じて成長していくというストーリー。この映画には、OSKLENの世界観や想い、そして今まで培ってきた経験と強くリンクする文脈が多く含まれている。
自己形成に欠かせないものは自身を取り巻く環境であるというOskarは、アート/音楽/科学に影響を受けた経験をもとに、また、映画の主人公と自身を重ね合わせることで17FWコレクション「soundtrack」を作り上げた。


コメントをどうぞ