Fashion Show

SUFFICIENT

春夏に引き続き「BROTHER」がテーマ。
様々な兄弟の形を起点に、憧れの男の物語を表現。今季は、この中でも思いの強かった ”過去の記憶” の部分を切り取った。

デザイナーの出身地、福岡県の伝統織物の博多織からデザインされた刺繍は、コートでは、ベルト部分が帯のようなデザインになっており、同様にブルゾンやシャツにも使われ、現代的でオリエンタルを感じるアイテムに仕上がっている。

また、刺し子ステッチがあしらわれた生地や、着物のような一枚続きのアイテムなどが採用され、伝統と今の服飾技術が融合されているのも今シーズンの特徴。

さらに、ブランドの人気アイテムでもあるフェイクカラーシリーズからは、新作としてアウターが登場。背負えるジャケットも復活させた。


コメントをどうぞ