Fashion Show

Robes & Confections HOMME

ブランドアイコンのテーラードスタイルで今向かうべき、表現すべきは?と考える中で 2019 S/S Robes & Confections Hommeでは1940 年代、黒人ミュージシャン達から巻き起こり大きなトレンドとなったズートスーツに着目した。ルーズで突飛なデフォルメがされたフォルムとディテールを持ち併せるズートスーツスタイルには Robes & Confections が次に提案するべきフィット感と呼応する気分を感じた。極細番手のオリジナルウールトロピカル、イタリアのCARLO BARBERA 社製シルクリネンウール、 アイリッシュリネンツイルといった高級素材からハンドワッシャー仕上げされたコットンオックスフ ォード等で仕立てられる、構築的でありつつ程良くルーズフィットにカットされ、柔らかくテーラリ ングされたジャケットやコートは、バランスポイントを下調子に構成し、そこにデフォルメされたバギーパンツやテーパードラップパンツを組み合わせて当時の何処か風変わりなニュアンスをほのかに、 現代的に表現する。 オリジナルカットフリンジジャカードのドレッシーなセットアップ、最新技術で家庭洗濯を可能にし たシルキータッチレーヨンツイルのシャツやギャザードレス、特殊染法中白染めでヴィンテージ感を 表現したセーラーシャツやバギーシャツに加えて、色彩溢れるボールドストライプ・メガチェック・ パッチワークキリムプリントやドットプリント、白黒のみで表現するフラワーモチーフのアロハプリ ントや最高級ペルーピマコットンジャージーのボーダーとストライプ等、テーラードスタイルを取り 囲むアイテム達も様々なテクニックやオリジナル素材による色柄を駆使し、ブルーノートが遠くで鳴る様な気分のオールドスタイルをモダンに昇華させたコレクション。

コメントをどうぞ