Blog

ccplus

contemporary creation+

東京・吉祥寺の大正通りにあるショップcontemporary creation+です。
日本の注目のデザイナーの最新作やオートクチュールのドレス、世界の名デザイナーの稀少なアーカイブまで取り揃える、服好きの聖地のような小さなお店です。
サッカー好きなので、サッカー記事も多いです。
contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel+fax 0422-20-8101
http://guild3.exblog.jp

サッカー日本代表ハリルジャパン国際親善試合マリ戦分析

サッカー日本代表ハリルジャパン国際親善試合マリ戦分析

サッカー日本代表ハリルジャパン国際親善試合マリ戦ですが、結果は1−1

いくつか書いておくべきことがありますが、まずマリは決して弱いチームでは無いということが一つ。

今回のマリ代表は、2015年のU20ワールドカップで3位になったメンバーを中心とした新生の代表。
言わば、マリの黄金世代のメンバー、日本でいうとトルシエジャパンみたいなチームです。

当時のフル代表よりもユースメンバーの方が強かったわけです、トルシエジャパン。

今回のマリも一緒です。

2015年のU20ワールドカップ
グループリーグ
マリ1−1ウルグアイ
マリ0−2セルビア
マリ2−0メキシコ

決勝トーナメント
マリ3−0ガーナ
準々決勝マリ1−1ドイツ PK勝ち
準決勝マリ延長1−2セルビア
3位決定戦マリ3−1セネガル

準優勝したセルビアに負けただけで、若年層で強いメキシコ・ガーナ・セネガルを圧倒
ドイツやウルグアイにも引き分けてます。
強いです。

ヒドい試合だったという意見が多いですが、ミスも多くてあれですが、このメンバーにしては、守備力アップしてましたよね、前より。

あくまでテストなので、あれなんですけど意外な先発メンバーでした。
以下は先発メンバー

大迫
宇佐美  森岡   久保
大島    長谷部
長友 槙野 昌子 宇賀神
中村航

なんというか、今まで守備出来ませんでしたメンバー集めましたという、どれだけ守備力アップしたのかテストみたいな感じでしょうか。

前よりは大分良くなってますよね、守備力。
久保も宇佐美も森岡も、どれだけ守備が無茶苦茶だったか考えると感慨深い。

もちろん相手のレベルというのもありますけど、すごく守備が強いわけではないが、明らかな弱点というほどでも無くなったかなという印象。(本番選ばれるかは別として。。)

で、普通は、強い相手には厳しそうな大島のボランチ。

これも、結構機能してました。怪我するまでは。。

やはり、大島25歳、怪我がねえ。。

正直、これだけ怪我多い選手は使い辛いのは確か。

それはそうと、なんかこれ、かなり攻撃的なメンバー選考ですよね。

あえて、攻撃的なメンバー使いました。というテストでしょう、これ。

おそらくなのですが、グループリーグの中で一番強いのはコロンビア。
コロンビアと初戦、負ける可能性もある。

そうした中でセネガルとやった場合、勝たなくてはいけなくなる。
それを見越したテストだったのかなあと。

今までのハリルジャパンというのは、ものすごく強い相手に対して、守備を強くしてカウンターで点を取ろうというサッカーをやろうとしてきたわけです。
ジャイアントキリング出来るチームですね。

ところが、実際、ワールドカップの抽選で引き当てたのは、優勝候補の強豪チームではなく、ベスト8まで躍進しそうな、ジャイアントキリングしそうな伏兵が3カ国そろいました。

しかも、コロンビア、セネガル、ポーランド3カ国とも得意なのはカウンター。

どうする??

さらに言えば、3カ国とも強烈な個のある選手を抱えていて、たとえ100%の力で守備したとしても、失点する可能性の高いチームなわけです。

たとえば、コロンビアは優勝候補の一角であるフルメンバーのフランス相手に3−2で勝ってましたが、ほんのわずかな相手のミスを見逃さず、強烈なカウンターであっさり点取ってます。

今まで、ワールドカップ予選で全く使われていなかったキンテーロとか出てたし、誰が出てくるか謎ですしね。

コロンビアには、アスプリージャとかジャクソンマルティネスみたいな、強烈にスピードのある選手が何人も居るのが普通。

どこから出てくるのか分からないし、私達がノーマークな選手にもそういう選手が多分居ます。

セネガルは、マネのような強烈なスプリンタータイプに加えて、身長195センチクラスのディフェンスやMFが5人くらい居るわけです。

セットプレー、どうやって守るの??

ポーランドには、世界最高峰のセンターフォワード、レバンドフスキが居ます。

つまり、守備が強いというのはもちろん前提として、その上で失点するのはある程度織り込み済みで、得点を取らなくてはならない状況になったわけです。

で、どうやって得点するか?というのが課題になってきたわけですね。

ハリルホジッチが、得点力にこだわった発言をしているというのは、当然そういう現状分析があるからでしょう。

ちなみに、日本が得点取れる可能性が高いのは、試合開始直後の10分と、後半15分を過ぎた後だと思ってます。

ここで、2得点以上上げられるチームを目指すというのが、予選突破の条件となるのではないでしょうか。

あと、ドリブラーとフリーキックからの得点は必須です。
フリーキック怖いとなれば、うかつにファウル出来なくなりますし、そうすればスペースが空くわけですよね。

もう一つは、ロシアのグランドの芝の状態です

雪国なので当然ボコボコしている可能性が高いわけですよね。

そういうピッチで、カウンター得意な相手にパスサッカーにこだわるとか、無理ですよね。

もちろん、ある程度ボール保持しても構わないですし、いつもハイスピードでカウンターやらなくちゃいけないわけでも無い。臨機応変が一番。

どのような試合運びをしたら、一番勝つ可能性が高いのか、それを選手や監督やコーチで話し合ってまとめていかなくてはなりません。

中島は、まだまだ50%くらいの出来みたいでしたけど、得点取りましたよね。
本来、球離れがもっと早いし、ボールも持てるし、ワンツーとかの使い方も上手い選手なので、連携が上手くいけば、もっともっと怖い選手になるはず。
それから、中島のフリーキック・セットプレーの質がメチャクチャ高いのも分かった。それはかなりの収穫。

守備は、まだまだですが。。
ただ、0−1で負けてるシチュエーションだと、得点取れるポジショニングをしなくちゃいけないわけで、それはそれで狙っていかないとダメなわけで、カウンターの起点としても、非常に面白い選手です。

戦術分析の第一人者ライカールト氏の分析は、こちら

【徹底分析】日本代表はなぜマリに苦しめられたのか?ハリルの狙いと選手の「誤算」
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00010000-goal-socc&p=1

この記事も参考になります。

フランス人記者が見た強豪コロンビアの“二面性” 日本代表に送る「二つの忠告」とは?
headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180325-00010009-soccermzw-socc

text by
contemporary creation+

東京 吉祥寺 大正通りのセレクトショップ (メンズ+レディース)です

ファッション関係はこちらから
http://guild3.exblog.jp

店内春夏になっております。

現在、日本で販売している衣服のうち、日本製の割合は、わずか2.8% !!

1990年には日本製の割合は50%でしたから、わずか20数年で、たったのこれだけになってしまったことになります。
これ以上進むと、日本の工場は、ほぼ無くなってしまう可能性があります。

衣食住というのは、人々の暮らしの最も根幹をなすものです。
この大切な衣服を自分達の手で作ることが出来なくなっても良いのでしょうか?

当店では、日本製の服を応援しております。(店内の商品のうち、約半分が日本製です)

お洒落のコツ 年齢を重ねると似合うようになる服って何でしょう?
http://guild3.exblog.jp/26102058/

お洒落の本当のコツとは何か?
http://guild3.exblog.jp/26087147/

コメントをどうぞ