Blog

ccplus

contemporary creation+

contemporary creation+という東京・吉祥寺にある、ファッションとアートの境界線を辿る、
博物館のような美術館のような小さなショップをやっています。

contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel+fax 0422-20-8101
http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

サッカー日本代表ハリルホジッチジャパン ロシアワールドカップアジア最終予選UAE戦アウェー 分析

サッカー日本代表ハリルホジッチジャパン ロシアワールドカップアジア最終予選UAE戦アウェー分析

さて、サッカー日本代表ハリルホジッチジャパン ロシアワールドカップアジア最終予選UAE戦アウェーですが、2−0の勝利ということで、前回の雪辱を果たしました。

この勝利は、とても大きな勝利だったと思います。

先発は
大迫
原口       久保
今野   香川
山口
長友 森重 吉田 酒井宏
川島

今野の招集にも驚きましたが(本人が一番驚いていた様子=「代表初招集みたいな気分です。正直、何を求められているのか分からない」と発言。)大丈夫か?、川島の先発にもビックリ。
今期、リーグ戦で1試合も出てません。。

西川の調子が上がらないかららしいです。
東口も怪我してしまいましたし、林は、まだ出場した機会がありません。
ハリル監督によると、経験を優先したということと、リザーブリーグの試合に出てるから大丈夫と判断したということのようです。

筆者は、正直、川島の先発は不安でしたが、決定的な場面を防ぎ、大きく勝利に貢献しました。

今野の方は、後ろの方のメンバーとはずっと一緒にやっていたので、まあ、なんとかなるかなとは思いましたが、ものすごい活躍でしたね。

ただ、今野は、おそらくUAEエースのオマル対策で投入された(相手のエース潰しを最も得意とする選手の一人。長友もね)はずなのですが、試合が始ってみると、オマルのマークにはつかず、随分と高い位置を取っています。

山口とは縦関係のボランチか?(後に4−3−3のインサイドハーフと判明)

で、どうなったのかというと、今野が上がり過ぎて、オマルがケアされず、中盤にぽっかり穴が。。
山口蛍が右往左往
危険す。

すかさず、ハリルホジッチ「今野おまえ、オマル、マークしろ」
当初の指示通り。

おそらく、今野は、ハリルホジッチ監督に「オマルをマークしろ。」ということと、「現在のガンバでやっているインサイドハーフ的にやれ。」と指示されていたと思われます。

最初、インサイドハーフのイメージ強過ぎて、オマルがフリーでした。

で、今野がオマルをマークするようになると、何しろ長友と今野のスーパーエースキラーコンビですから、オマル逃げます。

UAEは、ポジション無茶苦茶です。

日本もつられて引き出されますが、原口がディフェンスでカバーに入ります。

ということで、日本は、右肩上がりの攻撃になりまして、香川→酒井宏から久保で美しいゴール。

久保、きれきれでした。
スイスリーグで14試合7得点。ベルギーリーグで7試合5得点とゴールを量産している久保ですが、好調さはそのままでした。

森重がボール奪われて、決定的なシーンは、川島がスーパーセーブ。
実は、相手の特徴が分かっていたらしい。
その辺りは、百戦錬磨。

今野+長友+原口+山口(なんか、守備強い選手ばかりだな)のハイパーな守備に、オマルは、日本の右サイドへ移動。
こうすると、左利きのオマルは、中に切れ込んでシュートが出来ません(ロッベンを思い起こしてください)

というわけで、以降のUAEの攻撃は、怖さが半減です。

そして、オマル対策しなくて良くなった今野は、インサイドハーフ指令でがんがん攻めます。

香川いわく「今野さんスゴイです、日本代表12人居るのかと思った」だそうです。

2点目は、今野が最も得意な得点のカタチ。
これ、FC東京の試合で何度も見たカタチです。

今野は、ファーに飛び込むのが、無茶上手いです。

本人、奇蹟と言ってましたが、選ばれたのが奇跡的なだけで、この得点は、必然が生んだものでしょう。
インサイドハーフは、あの位置に飛び込めるということが重要なのです。

ハリルホジッチは、直前のガンバの試合で、それを見ていたことで、この布陣を思いついたようです。

ま、現在の技術委員長は西野さん(ガンバの元監督)なので、西野さん+ハリルホジッチの合作でしょう。

ちなみに、現在、今野はJ1リーグ得点ランキング2位です。(2得点ですけど。。)

こういうプレーを見ちゃうと、ザッケローニの時代も、今野をボランチにしたかったなとつくずく思います。
なんで、ザッケローニが、今野をボランチにしなかったのか?というと、ザックが試合中に、「今野、おまえボランチやれ」今野「いや、おれ、無理っす」という会話があり、その時以来、ザックが今野はボランチ無理なのか。と勘違いしたということのようです。

今野は、流れの中で心の準備が出来てなかっただけ。というか、今回の件を見ると、ついつい無理って言ってしまうタイプなだけな気がします。

今野の魅力は、前から言っているように、前に出るアグレッシブな守備なので、ボランチやインサイドハーフだと、その魅力がフルに出ます。

センターバックだと、前に出過ぎてやられた時、吉田がワンンバックになっていて危険だった。
そういうことです。

あと、大迫がとても良かったですね。
やはり、大迫のところで、きっちりボールを収まることが出来るので、非常にやりやすいということ。
これ、アジアレベルだけでなく、バイエルンミュンヘンの世界最高峰の選手達相手にも、全くボールを失わなかったので、世界レベルで完全に通用すると思います。

さて、この試合勝つには勝ったが。。
大活躍の今野骨折。大迫は打撲で代表離脱
だそうです。

ちなみに、手術した長谷部は、今期絶望

なかなか厳しいですが、日本は選手層は厚いので、その欠場を補えるだけのメンバーは揃っていると思います。

ハリルホジッチは、本来、相手に合わせた戦術を駆使し、毎回違うメンバーで闘うタイプの監督なので、ケガ人が出ても、次回は、また違う選手で違う闘い方をするのではないかと思います。

次回タイ戦(ホーム)に期待しましょう。

text by
contemporary creation+

東京 吉祥寺 大正通りのセレクトショップ (メンズ+レディース)です

現在、日本で販売している衣服のうち、日本製の割合は、わずか2.8% !!
2.8%というと、偏差値で言うと『偏差値69』なんですね。

偏差値69以上じゃないと、日本製の服を作れない。売れない。これが現状です。

1990年には日本製の割合は50%でしたから、わずか20数年で、たったのこれだけになってしまったことになります。
これ以上進むと、日本の工場は、ほぼ無くなってしまう可能性があります。

衣食住というのは、人々の暮らしの最も根幹をなすものです。
この大切な衣服を自分達の手で作ることが出来なくなっても良いのでしょうか?

当店では、日本製の服を応援しております。(店内の商品のうち、約半分が日本製です)

インポートの素晴らしい服もあります。

そして、ファッション日本代表とも言うべき良質な服を扱っています。
日常使いのオーガニック商品や、とっておきの美しい・着心地の良い服。
デザイン画からスタートするオーダードレスもやっております。

現在店の改装が半分ほど終わり、新しい空間で営業しております。
特に、夜は、非常に居心地の良い空間になっておりますので、ぜひご来店いただけたらと思います。

詳しくは
http://guild3.exblog.jp

春の新作も続々入荷しております。

Comments are closed.