divka

デザインチームdivka による2011 – 2012 A/W Collectionが披露された。

今シーズンのテーマは-Preserving the Memories-。既に役目を終え、不要となった残布を集め、スクエアに裁断した布/パネルをキャンバスに見立て、絵を描くように、ハンドプリントや染めを施している。すべて1点物の30着の服は、布/パネルを最大限に生かす為、パターンはすべてスクエアで成り立ち、立体裁断により製作された服は、シンプルながらも知恵の輪のようにつなぎ合わされ、不思議なドレープを生み出しす。記憶のねじれを連想させるツイストされたフォルム、過去の記憶をたどり、さまざまな記憶/シーンをコラージュしたプリントや記憶を想い起こすように描かれた落書きのようなプリントなどはあいまいな記憶を保存する試みとして制作している。


Comments are closed.