Blog

ccplus

contemporary creation+

contemporary creation+という東京・吉祥寺にある、ファッションとアートの境界線を辿る、
博物館のような美術館のような小さなショップをやっています。

contemporary creation+
武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
tel+fax 0422-20-8101
http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ゴールデンウィークのお買い得とワークショップ(スタイリング講座)半額のお知らせ



暑かったり寒かったり、雪が降ったり、風が吹いたり、かと思えば、北海道まで夏日。めまぐるしく天候が変わる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか??

そうこうしているうちに、もうゴールデンウィーク

まだ、春の装いも揃っていないという方。

夏物が欲しい方

もうちょっと暖かいものも欲しいという方

ゴールデンウィークに出かける服が欲しいという方。

そんな皆様のために、春のお買い得です。

現金・カードのお支払いで割引率が変わります。
コーディネイトが増えると、もっとお安くなります。
価格はお尋ねください。

期間 5月7日(木)まで

それから、当店では、初心者向きの、コーディネイトの基本と、似合う服やサイズ感、バランスを学ぶワークショップ(スタイリング講座)を開催しています。

時間は、午前10時~と、午前11時~の2回

料金は、60分で3000円ですが、ゴールデンウィーク期間中のみ、半額の1500円で募集いたします。

マンツーマンでレッスンが受けられます。

過去にワークショップ(スタイリング講座)を受講された方には、とても好評でした^ ^

お洒落初心者の方、何着て良いのか分からないという方、もっと納得がいく服の着方を知りたい方。

是非、ワークショップを受講してみてください。

体験として服の着こなしの基本を学べます。
あー、そういうことだったのね!と、目から鱗の発見が沢山あると思います。

お茶やお菓子も出て楽しいです^ ^

当店で買うかどうか分からないという方でも、3000円(期間中1500円)払えば受講出来ます。

なお、ワークショップ当日に1万円以上お買い上げの方は無料となりますので、服が欲しいと思っている方は、是非その機会を利用して、お洒落のセンスアップの方法を見つけていただければと思います。

ご希望の方は、店頭か、電話でご連絡ください。(予約制)

それでは、よろしくお願いいたします。

ファッション関係はこちらから
http://guild3.exblog.jp

contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)

ウェディング関係は、こちらから
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

今、最も注目すべきデザイナーの一人、uemulo munenoli 2015SS新作から

今、最も注目すべきデザイナーの一人、uemulo munenoli 2015SS新作から

uemulo munenoli Lego

本日ご紹介するのは、ブラウス・シャツワンピース『Lego』

こちらの特徴は、身体がおさまる部分の外側にボタンで開閉出来る裾が付いていることです。

それによって、動いた時に絶妙な動きが生まれるのです。

こちらは、どちらかというと、華奢な人向きのシルエットです。

絶妙な美しさですので、是非お試しくださいませ。

uemulo munenoli / Lego
100%PE
MADE IN JAPAN
SIZE ONE SIZE
26,000yen+tax

uemulo munenoli stoffa
ミニマルが得意な上榁氏には珍しいドット柄(正確には楕円)のブラウス・ミニワンピース『stoffa』

こちらは、チャーミングなだけでなく、体型をカバーする絶妙なシルエットですので、是非お試しくださいませ。

uemulo munenoli / stoffa
100%PE
MADE IN JAPAN
SIZE ONE SIZE
36,500yen+tax

uemulo munenoli tornado

uemulo munenoli tornado

今シーズンのマスターピース 
トルネード型パターンのワンピース・ドレス『Tornado 』です。

先々シーズンくらいから続いている『巻きスカート』の応用系のパターンが、ついにここまで来ました。
自然界に普遍的に存在する『渦巻きパターン』を深化させた構造になっており、人間彫刻といっても良いくらいの美しいドレスとなっております。

uemulo munenoli Tornado
93%PE 7%PU
MADE IN JAPAN
47,000yen+tax

uemulo munenoliのデザイナー上榁むねのり氏は、イタリアでファッションを学び、CoSTUME NATIONALや、現Diorのクリエイティブディレクターであるラフシモンズの元でJIL SANDERのデザイナーを5シーズン務めた方です。

uemulo munenoliインタビューは、こちらから

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 1/3
http://changefashion.net/interview/2012/02/05191349.html

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 2/3
http://changefashion.net/interview/2012/02/07192940.html

uemulo munenoli ~シャツの概念を曖昧にし、シャツの概念を構築する~ 3/3
http://changefashion.net/interview/2012/02/09193455.html

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから
http://guild3.exblog.jp

ウェディング関係はこちらから
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

名前の無いブランド______no.9 メゾンマルタンマルジェラ出身のデザイナー tomoumi onoのコート

tomoumi ono no.9 navy coat

名前の無いブランド______no.9
メゾンマルタンマルジェラ出身のデザイナー tomoumi onoの新作が到着しました。

入荷したのは、チェスターフィールドコート(秋冬のチェスターと同形で生地が春夏の素晴らしい薄手ウール地で背中が”背抜き”となっております。)

手仕事の跡がそこここに見られます。

さっそく筆者も試着してみましたが、これは素晴らしいです。欲しくなってしまいました。。
とりあえず、皆様のために売りますが。。

カラーはネイビー、サイズは、38,40です

プライスは78,000yen+税

半袖と長袖のカットソーも入荷しました。

こちらは、アーティストさんとのコラボレーションによるプリントとなっております。

半袖9,500yen+税
長袖10,500yen+税

インタビューはこちら。
小野智海 ~名前の無いブランド~ 1/2
http://changefashion.net/interview/2011/12/05193316.html

小野智海 ~名前の無いブランド~ 2/2
http://changefashion.net/interview/2011/12/07194143.html

contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)

ファッション関係はこちらから
http://guild3.exblog.jp

ウェディング関係はこちらから
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

サッカー日本代表ハリルホジッチ新監督就任2戦目ウズベキスタン戦分析

サッカーの監督にもっとも近い職業、それは『オーケストラの指揮者』だと思います。

筆者は、アムステルダムのコンセルトヘボウオーケストラの練習風景を見たことがあるのですが、指揮者マリス・ヤンソンスが訂正することで、音がどんどん変わっていき、やがて、音のうねりが感動を呼びおこすものになっていくのを聞いたことがあります。

優れた指揮者というのは、本当にスゴイのです。

サッカーにおいても、監督がその試合をどういったものにしていくのか設定することで、サッカーそのものの質、物語、展開は、大きく変わっていきます。

ハリルホジッチ新監督が就任したサッカー日本代表は、数日間の合宿を経て、大きくその音色とハーモニーを変えました。
その結果としてスペクタルを生み出したと思います。

ハリルホジッチの初演は、とりあえず大成功(スタンディングオベーション)だったといえるでしょう。

「呼んだ選手全員使う」と公言していたハリルホジッチ新監督ですが、ゴールキーパーを除いて、本当にそれをやりました。

初戦と違って先発の攻撃陣は『いつものメンバー』

岡崎
乾    香川   本田
今野    青山
酒井高 森重 昌子 内田
川島

今野と青山をボランチに
昌子は、代表初先発

立ち上がりは、前からハイプレスをかける展開。

これは、ザッケローニの時にもありました。

今回のポイントは、青山が、ものすごいミドルシュートを決めたことです。
あれは、年間ベストゴールランキングに入ってくるような素晴らしいゴールでした。

このミドルシュートですが、ハリルホジッチの狙いだったようです。

そして、青山選手は、この試合のマンオブザマッチといって良い活躍を見せたわけですけど、シュートを良く見てみると、振り幅が狭く速いシュートで、綺麗にミートしている。

そして、時折前線にものすごく正確なロングパスを供給しています。

つまり、この美しいミドルシュートは、たまたま偶然生まれたものではなく、青山選手が、29年間磨いてきた技が出たものです。

こちらの記事も参考に
青山敏弘の原風景。あのロングパスの背景には、逆境の日々がある
http://j-ron.jp/jwp_1.php

青山は、縦に速い攻撃を掲げるハリルホジッチのサッカーに向いた選手と言えると思います。

素晴らしい選手ですが、足りないのは、国際経験ですね。本当の強豪と闘った経験です。

そして守備ということになるでしょう。
ワールドカップのコロンビア戦では、やられてましたから。
そのあたりがどれくらい改善出来るかが、次回のワールドカップ出場出来るかどうか?に繋がっていきそうです。

山口蛍もまた、青山と同じような素質を持った選手です。
この競争も続くでしょう。

この素晴らしいミドルシュートが決まったことで、ウズベキスタンはペナルティエリア外からのシュートに気をつけなければならなくなります。
それは、守備の設定の変更を意味します。

バイタルエリアの外側に素早く寄せる必要があるため、バイタルエリアの内側に隙間が生じます。

そこをどう突くか。

何回か乾選手が素晴らしい入り込みをしましたが、決めきることが出来ません。

そうこうしているうちに、試合は拮抗したものになっていきます。

試合が動いたのは、後半に入ってから。

メンバーは、

岡崎
乾    香川   本田
水本    青山
太田 森重 昌子 酒井高
川島

太田と水本が入りました。

水本がボランチで使われていましたが、筆者もこのメンバーでボランチとして使うなら対人の強い水本かなと思っておりましたので、そういう選択でしょう。
ただし、初めてのボランチということで、ポジショニングがメチャメチャで、守備の強度は相当下がっていたかなとは思いました。

ただ、リードしている場面でカウンターを決めるために守備設定を低くするためには、でかくて強いボランチが必要ということで、水本を使ったわけで、これからもここの人選を考えていくことになっていくと思います。

今野は、背は高くないですけど競り合いには強いですけどね。

そして吉田麻を前に上げるというのも一度見てみたい気はします。

さて試合ですが、
再び、乾選手が素晴らしい入り込みをしましたが、決めきることが出来ません。
が、そのこぼれ球を太田が、素晴らしいクロスで岡崎の2点目(ダイビングヘッド)をアシスト。

この2点目も、既存の勢力の技術レヴェルでは生まれなかった得点だと思います。
それほど、太田の左足のクロスの質は高いです。
おそらく、日本で一番でしょう。

太田の課題は、守備力と、国際経験値でしょうね。
そのあたり、強い相手に積極的に使っていって欲しいと思います。

得点したのは岡崎。
いかにも岡崎らしいゴールでしたし、3点目の実質的なアシスト含め、守備や攻撃において獅子奮迅の活躍。

もう一人大変目立った選手が居ました。

それは、酒井高徳選手です。

この試合の守備、酒井高徳がものすごく効いていました。

相手カウンターの基点の潰し方。スペースのケア、運動量、スピード、パワー。どれも大変素晴らしかったと思います。

やはり、藤春や太田という左利きのライバルの登場によって自分の地位が脅かされ、その危機感が試合に現れていたように思います。
酒井高徳は、ドイツで超強力なアタッカー陣と対戦して経験値を上げていますからね。

ただ、組み立てやパス、クロスの精度といった部分では、太田や藤春の方に分が有ると思いますから、ここの競争が楽しみですね。

後半途中から

岡崎(川又)
宇佐美  柴崎   本田(大迫)
水本    青山
太田 森重 昌子 酒井高
川島

そしてやはり、宇佐美を挙げないわけにはいきません。

この試合、宇佐美が入ってから、明らかにサッカーの質が変化しました。

最初のパスなど背筋がぞくぞくするほどの質の高さでした。

相変わらず消えている時間もありますが、ここぞという時のスプリントの質も素晴らしかったです。

この試合、後半に入って人に強い水本を中盤に投入して、守備設定位置を下げてカウンター狙いにしています。

左サイドを担当していた宇佐美は、どうしても設定が低いので守備に下がらざるを得なく、宇佐美のストロングポイントが出辛い状況でした。

そんな中、相手コーナーキックからのリスタートで前線に猛ダッシュで駆け上がります。

そこに、青山から絶妙なロングパスが来ます。

そして絶妙なトラップから、全くスピードを落とすことなくボールをコントロールして瞬間的なキックで素晴らしいボールを岡崎に合わせます。

わずか数センチ届きませんでしたが、大変素晴らしいプレーだったと思います。
相当な技術レヴェルと、トップスピードにおけるコントロール力の高さを示しています。

筆者は、宇佐美がバイエルンに行く前のガンバの試合を見ていて、宇佐美は、カウンターの質に関しては、パスの出し手としても受け手としてもワールドクラスなことを感じていました。

ほぼ相手守備陣を独力でドリブル打開した4点目を含めて、やはり、この男にかける期待は大きいです。

よく、サッカー日本代表は、レギュラー組と、その他のレヴェルが開き過ぎているという議論を耳にします。

しかし、筆者は、そうは思いません。

もし筆者が監督になってメンバーを選ぶ権限があったとしたら、3つのチームを作って、その3つのチームの全てがワールドカップ出場出来るチームにすることが出来るだけ選手の層があると思っています。

たとえば、ザッケローニの主軸のチームと、関塚ジャパンの主軸がワールドカップ本大会に出た場合、筆者は、関塚ジャパンの主軸の方が上まで行った可能性が高かったと分析しているのです。

それは、やはりサッカーにおいて守備と攻撃が一体で、関塚ジャパンにおいては、得点に結びつけることが出来る守備が出来ていたからであり、フォワードがボールを失った場面でも、距離感が悪くないので、適切な守備が出来ていた事があるのです。

大久保が言っていましたが、「ザッケローニの攻撃のやり方だと、ボールを失った際の選手の距離感が開き過ぎているので、必然的にカウンターのリスクが高くなっていた」とのことでした。

ザッケローニは、バルセロナのようなサッカーをしたかったようなのですが、その本質が理解出来ていなかったため、世界に多発した「なんちゃってバルセロナ」になってしまい、攻撃時におけるボールロストの際のリスクマネジメントまで含めたバルサ型が出来なかったということなのでしょう。

ハリルホジッチは、きわめて現実的に、相手や試合の状況によってやり方を変えると明言しています。

90分間ハイプレスを続けるわけにはいきませんから、前半の15分ハイプレスして得点を奪ったら、一旦ポゼッションを重視したゆったりした時間を作り、相手のディフェンスを動かしながら前半を終え、後半に入ったら、高さと強さのある水本を中盤に入れて、守備の位置を後方に下げてカウンター狙い。

非常に正攻法な闘い方だと思います。

しかも、レギュラーを固定せず、その時に調子の良い選手を使うと言っています。

もちろん、今回の試合は親善試合であり、6人交代出来るということは、あります。

でも、良い試合をしたことは、この試合を見たほとんど人が感じたのではないかと思います。

良い音楽、良い演奏がそうであるように、良いサッカーも、90分間が一定ではなく、様々な流れがあるものです。
それをどう設定していくのか。
これからの、サッカー日本代表の闘い方を見守っていきましょう。

次がどうなるのか楽しみです。

text by
contemporary creation+

東京 吉祥寺 大正通りのセレクトショップ (メンズ+レディース)です

店内、ほぼ春になりました。

今週末は、武蔵野は桜満開です。
井の頭公園にお越しの方は、是非当店まで足を運んでいただけると嬉しいです。(徒歩7〜8分)
春のお買い得は、コーディネイトフェア
http://guild3.exblog.jp/22931114/
2015/16AW東京コレクションレポート
http://guild3.exblog.jp/22926124/
uemulo munenoli2015SSコレクションが入荷しました
http://guild3.exblog.jp/22912353/

メゾンマルタンマルジェラ出身のデザイナー tomoumi onoの新作が到着しました
http://guild3.exblog.jp/22885670/

MILFOILの春夏カットソー第二弾が入荷しました。
http://guild3.exblog.jp/22870944/

東京コレクション2015AWから 日本のニットの未来を考える
http://guild3.exblog.jp/22902857/

体型に自信が無い人のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22375715/

商品などファッション関係は、こちらから
http://guild3.exblog.jp

そして、ファッション日本代表とも言うべき、新しい日本のデザイナーたちにも注目。

サッカーのフォーメーションと洋服のコーディネイトは良く似ている
http://guild3.exblog.jp/21004606/

服の素晴らしさは、音楽と同じで定量化出来ない
http://guild3.exblog.jp/20961332/

人間は、着心地の良いものを着ると幸せな気分になる
http://guild3.exblog.jp/20179893/

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

http://guild3.exblog.jp

サッカー日本代表アギーレジャパン アジアカップ UAE戦分析

サッカー日本代表アギーレジャパンですが、その前に、安倍晋三は、自作自演の『イスラム国誘拐詐欺』のドサクサにまぎれて「自衛隊海外派遣のための恒久法案」を通常国会に提出とか。

みなさん、騙されないようにしましょう。

『イスラム国』作ったのは、イスラエルとアメリカ。

危険を煽ってる中国の武器作ってるのもイスラエルですよ。

マッチポンプです。

アジアカップ2015ですが、
サッカー日本代表アギーレジャパンは決勝トーナメント
ベスト8の闘いは、UAE戦

結果は1−1のドロー
PK戦の末に敗退してしまいました。

UAEにしてみれば、これしか勝つ方法は無いという感じの勝利でしたね。

前半早くカウンターで点を穫って、引いてブロックを作って守り、カウンターを狙う。

日本は、岡崎が故障で早めの3枚目のカードを切った後に長友が肉離れ。

PKでエースの本田と香川が外す。

まあ、こういう事があるのがサッカーですが。

中二日の試合で、4試合とも同じスタメンでしたので、どこかに無理が出たのでしょうね。

岡崎
乾         本田
香川    遠藤
長谷部
長友 吉田 森重 酒井高
川島

選手たちは非常に頑張りましたが、頑張っただけでは結果が付いてこないのが現実。

やはり、優勝を見据えて闘うには、4試合同じスタメンというのは、無理があったと思います。
王者である日本は、ある程度メンバーを入れ替えても予選リーグを闘えないとマズいのです。

中東のチームがラフプレーを多くしてきたということもあり、ケガ人続出で、新しい選手も大して試すことが出来ずに、ベスト8で敗退という散々な結果に終わってしまいました。

ただ、1試合ということに限ってみれば、チームとしては強くなっていたと思います。
そこのところは、弱くなったチームを強くする才能をアギーレは持っていると思います。

ただ、やはりアギーレは、弱者を強くするタイプの監督で、王者を率いる監督では無いのかもしれません。

そこのところが、セリエAで優勝していたザッケローニとの違いなのではないでしょうか。

ザッケローニのアジアカップは、メンバー23人でつかみ取った素晴らしい闘いでした。

ワールドカップで王者の闘いをするのは、まだ無理です。

今回のアギーレジャパンは、先発11人+5人(清武、武藤、柴崎、豊田、今野)くらいの闘いでした。

今回の一番の問題点は、以下の数字

シュート数は日本35(枠内シュート8)22.857%
得点わずかに1 (2.857%)

シュートの4本に1本も枠に飛ばないって、プロの選手としては、あまりにも不甲斐ないです。

まず、プレッシャーがかかる場面でのシュート練習が先決です。

枠に飛ばなかったら、シュートが入るはずがありませんから。

text by
contemporary creation+

東京 吉祥寺 大正通りのセレクトショップ (メンズ+レディース)です

筆者の寒さ対策あれこれ
http://guild3.exblog.jp/22741106/

寒くなってきましたが、防寒お洒落のコツ
http://guild3.exblog.jp/21544791/

体型別お洒落の方法 標準体型の人のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22479147/

フォルムで見る人と色で見る人
http://guild3.exblog.jp/22398557/

体型に自信が無い人のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22375715/

背が低めの女性の方へ お洒落ワンポイントアドバイス
http://guild3.exblog.jp/22355031/

大柄な方のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22223716/

体型別 お洒落の基本 お腹が出てしまった男性のお洒落の仕方とは?
http://guild3.exblog.jp/20577471/

体型別 お洒落の基本と応用 小柄な男性のお洒落の仕方
http://guild3.exblog.jp/20586720/

『音楽を奏でるようにストールを巻いてみよう』
http://guild3.exblog.jp/21359399/

簡単にお洒落度アップなアイテム 帽子
http://guild3.exblog.jp/21474400/

お洒落の本質を探る カラーコーディネイトの極意とは
http://guild3.exblog.jp/22215077/

商品などファッション関係は、こちらから
http://guild3.exblog.jp

そして、ファッション日本代表とも言うべき、新しい日本のデザイナーたちにも注目。

サッカーのフォーメーションと洋服のコーディネイトは良く似ている
http://guild3.exblog.jp/21004606/

服の素晴らしさは、音楽と同じで定量化出来ない
http://guild3.exblog.jp/20961332/

人間は、着心地の良いものを着ると幸せな気分になる
http://guild3.exblog.jp/20179893/

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

http://guild3.exblog.jp

サッカー日本代表アギーレジャパン アジアカップ ヨルダン戦分析


写真は、米国共和党のマケインと仲良く懇談するISIS「イスラム国」
バクダディことサイモン・エリオット

サッカー日本代表アギーレジャパンの前に、

ISISに人質になったとされるフリージャーナリストの後藤健二さんのバックは、毎度おなじみ『日本ユニセフ協会』 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/01/21/7545528

ISIS(イラクとシリアのイスラム国)のバグダディの本名はサイモン・エリオットで、部下はリバプール訛りで、上司はイスラエル首相のネタニヤフで米国共和党が得意先

米国共和党マケインとも会っている写真が出てますけど、今回のアベッチ訪問では、マケインとネタニヤフと懇談ということで、そのまんまです。

米イ(英仏)を主軸としたシオニストネオコンが、言うこと聞かないシリアのアサド政権を倒すために仕組んだ、反政府軍FSAの別働隊で、イスラムと関係ない外国人部隊がISIS。

そこに民間軍事会社代表の湯川はるな氏が参戦してこの映像を垂れ流し、日本の自衛隊を憲法無視してイラク・シリア戦争に参戦させようとする作戦でしょう。

何が人質救出だよ。

シオニスト・ネオコンの代理人である中山外務副大臣が、テロリストとの交渉のためにヨルダン入りしたとか。。

さて、そんな中サッカーです。なぜかヨルダン戦

今回対戦したヨルダンは、前回のワールドカップ予選5位で大陸間プレーオフで本大会出場を逃した強豪。

過去の対戦成績も5分の難しい相手です。

特にカウンターの威力が懸念されました。

今回の先発は、前回のイラク戦と同じ

岡崎
乾         本田
香川    遠藤
長谷部
長友 吉田 森重 酒井高
川島

結果的に、この試合も無失点で切り抜けたわけですが、吉田+森重のセンターバック、よくカウンターを防いでいました。

これは、アンカーに入った長谷部の役割も大きそうです。

筆者は、長谷部にはスピードと読みがあり、カウンター対策に特に向いた選手と考えています。

今回の予選リーグ3試合無失点のディフェンス陣は大変安定していました。

しかし、このヨルダン、非常にラフプレーが多く、センターバックの森重も負傷してしまいました。

ディフェンスでは、前回のイラク戦で活躍した今野も負傷してますから、もしアンカーの長谷部に何かあった場合に不安を抱えることになりました。

センターバックに関しては、塩谷、昌子、植田とバックアップは揃っていますので心配していませんが。

この中で一番アンカー出来そうなのは塩谷ですかね。

攻撃に関しても2得点と結果を出しました。
多くのチャンスを作れていますし、試合にメリハリがあるのが良いと思います。

ただ、相手のゴールキーパーのレベルが低かったのは確かですが。。

もう一つ好材料だったのは、スーパーサブのスピードスターとして武藤が使える目処が立ったことですね。

武藤
清武         本田
香川    柴崎
長谷部
長友 吉田 森重 酒井高
川島

1−0で逃げ切ろうとしているような時、相手が攻めてきた場合に、一人で状況を打開出来、スピードのある武藤のような選手は最適なのです。

この試合、全く使っていなかった柴崎をピッチに送り出せたのも良かったと思います。

次はUAE戦です。

text by
contemporary creation+

東京 吉祥寺 大正通りのセレクトショップ (メンズ+レディース)です

筆者の寒さ対策あれこれ
http://guild3.exblog.jp/22741106/

寒くなってきましたが、防寒お洒落のコツ
http://guild3.exblog.jp/21544791/

体型別お洒落の方法 標準体型の人のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22479147/

フォルムで見る人と色で見る人
http://guild3.exblog.jp/22398557/

体型に自信が無い人のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22375715/

背が低めの女性の方へ お洒落ワンポイントアドバイス
http://guild3.exblog.jp/22355031/

大柄な方のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22223716/

体型別 お洒落の基本 お腹が出てしまった男性のお洒落の仕方とは?
http://guild3.exblog.jp/20577471/

体型別 お洒落の基本と応用 小柄な男性のお洒落の仕方
http://guild3.exblog.jp/20586720/

『音楽を奏でるようにストールを巻いてみよう』
http://guild3.exblog.jp/21359399/

簡単にお洒落度アップなアイテム 帽子
http://guild3.exblog.jp/21474400/

お洒落の本質を探る カラーコーディネイトの極意とは
http://guild3.exblog.jp/22215077/

商品などファッション関係は、こちらから
http://guild3.exblog.jp

そして、ファッション日本代表とも言うべき、新しい日本のデザイナーたちにも注目。

サッカーのフォーメーションと洋服のコーディネイトは良く似ている
http://guild3.exblog.jp/21004606/

服の素晴らしさは、音楽と同じで定量化出来ない
http://guild3.exblog.jp/20961332/

人間は、着心地の良いものを着ると幸せな気分になる
http://guild3.exblog.jp/20179893/

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

http://guild3.exblog.jp

サッカー日本代表アギーレジャパン アジアカップ イラク戦分析

サッカー日本代表アギーレジャパンの前に、フランスのテロ関連ですが、シャルリーエブド襲撃を偽旗作戦にしたイラク空爆が予定されているということで、911に近い展開になってきましたね。

空爆の下には、何の関係もない一般市民が暮らしています。

戦争は止めましょう。

そんな中、日本代表は、その渦中のイラクと対戦するという皮肉です。

とはいえ、日本代表の選手たちは良くやっていたと思います。

今回の先発は、前回のパレスチナ戦と同じ

     岡崎
乾         本田
  香川    遠藤
     長谷部
長友 吉田 森重 酒井高
     川島

このフォーメンションも良く機能していましたが、後半の遠藤と乾に替わって今野と清武を入れた布陣も、とても良かったです。

     岡崎
清武         本田
  香川    今野
     長谷部
長友 吉田 森重 酒井高
     川島

アギーレは、システムは変更していないとのことでしたが、フォワードの中ではわりと守備的な清武と、インサイドハーフにしては守備的な今野が入ったことにより、非対称の4−3−3になり、4−2−3−1に近いカタチになって、これが機能していました。

     岡崎
清武   香川    本田
  長谷部   今野
長友 吉田 森重 酒井高
     川島

というか、ザッケローニは、なぜこの布陣を試さなかったのか?という感じですが、その原因は、前回のアジアカップで、今野が試合中の変更に「ボランチ無理です」と言ったことが、後々までザッケローニの記憶に残っていたからだと思います。

その時には無理でも、後から「大丈夫です」って言っておけば、ボランチで使ってまらえたのかもしれませんね。

やはり、守備的MFに今野と長谷部が居ることで、安心して見ていられるようになりましたし、サイドの清武と本田の守備力も比較的高いので、そのあたりが、この試合の安定感を生んだように思いました。

イラクに関しては、若手中心で、まだまだチーム作りの途中という感じでしたが、近年のイラク代表の若手は、各年代で素晴らしい成績を上げているので、戦争に負けずにこれからも頑張ってほしいですね。

次は、ヨルダン戦です。

text by
contemporary creation+

東京 吉祥寺 大正通りのセレクトショップ (メンズ+レディース)です

寒くなってきましたが、防寒お洒落のコツ
http://guild3.exblog.jp/21544791/

体型別お洒落の方法 標準体型の人のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22479147/

フォルムで見る人と色で見る人
http://guild3.exblog.jp/22398557/

体型に自信が無い人のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22375715/

背が低めの女性の方へ お洒落ワンポイントアドバイス
http://guild3.exblog.jp/22355031/

大柄な方のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22223716/

体型別 お洒落の基本 お腹が出てしまった男性のお洒落の仕方とは?
http://guild3.exblog.jp/20577471/

体型別 お洒落の基本と応用 小柄な男性のお洒落の仕方
http://guild3.exblog.jp/20586720/

『音楽を奏でるようにストールを巻いてみよう』
http://guild3.exblog.jp/21359399/

簡単にお洒落度アップなアイテム 帽子
http://guild3.exblog.jp/21474400/

お洒落の本質を探る カラーコーディネイトの極意とは
http://guild3.exblog.jp/22215077/

商品などファッション関係は、こちらから
http://guild3.exblog.jp

そして、ファッション日本代表とも言うべき、新しい日本のデザイナーたちにも注目。

サッカーのフォーメーションと洋服のコーディネイトは良く似ている
http://guild3.exblog.jp/21004606/

服の素晴らしさは、音楽と同じで定量化出来ない
http://guild3.exblog.jp/20961332/

人間は、着心地の良いものを着ると幸せな気分になる
http://guild3.exblog.jp/20179893/

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

新年あけましておめでとうございます。WINTER SALE 20151月3日(土)から

新年あけましておめでとうございます。 contemporary creation+ です。
本年度もよろしくお願いいたします。
今年でcontemporary creation+ は14年目を迎えることが出来ました。
これも、全て皆様の暖かいご支援のおかげです。 本当にありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。
今年も皆様への感謝を込めて、WINTER SALE 2015を1月3日(土)から18日(日)まで開催いたします。 この機会に是非、ご利用ください。

新年は、1月3日からの営業です。

1月3日、4日の営業は、12:30〜20:00とさせていただきます。
他は通常通りの営業です。

よろしくお願いします。

contemporary creation+
contemporary creation+communication development

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-31-2-101
#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)

吉祥寺駅北口 徒歩8分 大正通り沿い

ファッション関係は、こちらから
http://guild3.exblog.jp

changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

サッカー日本代表アギーレジャパン .ホンジュラス戦で考える2018ロシアワールドカップメンバー

サッカー日本代表アギーレジャパン .ホンジュラス戦で考える2018ロシアワールドカップメンバー

サッカー日本代表アギーレジャパンですが、久々の快勝でした。

サッカー:キリンチャレンジカップ:日本vs.ホンジュラス(会場:豊田スタジアム) 2014年11月14日(金) 19時35分 スタート

日本 6-0 ホンジュラス

得点者
吉田麻也(前半9分)
本田圭佑(前半41分)
遠藤保仁(前半44分)
乾貴士(後半2分)
豊田陽平(後半24分)
乾貴士(後半29分)
遠藤保仁(前半35分)
豊田陽平(後半38分)

先発

岡崎
武藤        本田
香川    遠藤
長谷部
酒井高 吉田 森重 内田
川島

なんと、ブラジルワールドカップメンバーが10人
新しい選手は武藤だけ

というわけで、なりふりかまわないアギーレジャパン本気モードのメンバーです。

結論から言うと、弱いチームに対しては、ほぼ最強メンバーでしょう。

全て適材適所ですし。(後半投入の乾含めて)

ただ、強いチームに対しての課題は、そのままですよということではありますが。。

とはいえ、アジアカップでは、そこまで強いチームはありませんよね。

この試合何が良かったか?

一つは、香川のプレーに代表されると思います。

この試合、インサイドハーフに入った香川が、低い位置でボールを奪った後のマイボールを、何度も逆サイド高い位置に走る本田へ向かって、素晴らしいロングパスを供給していました。

これは、Jリーグにおいて一番機能した4−3−3である2010年の清水エスパルスの小野伸二を彷彿とさせるプレーでした。

香川がこうしたプレーをするのは、正直意外でしたが、ものすごいパスの技術です。
日本人でこのレヴェルのパスが出来るのは、小野伸二と宇佐美だけかと思いましたが、香川にも出来るんですね。

ブラジルワールドカップのオランダ代表かと思うほどの精度です。

というわけで、香川のインサイドハーフ適正が証明されましたね。

インサイドハーフ向きの遠藤の活躍も当たり前ですが、アンカーの長谷部もベストポジションだと思います。

この位置は、ピッチ全体を広く見渡す視野が求められます。

センターバックも可能な長谷部が入ることは、利の必然です。

そして4−3−3のサイドバックには、組み立てのセンスが求められますから、内田が適任というわけです。

問題は、このメンバーが2018年のロシアワールドカップに繋がるのか?ということですが、ここで面白い資料をご紹介しましょう。

筆者がその昔、競馬を本気で研究している時に出逢った本に、中島国治氏の本がありました。

その中に、種牡馬8年周期理論というものが出てきます。

これは、凱旋門賞を勝ったリボーを生産したイタリアの名生産者フェデリコ・テシオの家で資料を見る機会があった著者が、その理論を発見し、その著者なりに理論家したものです。

以下引用

太陽の周期が、生態に与える影響は大きく、 閏年が4年、この2倍の8年に太陽の周期があることを、経験的に示しています。 例えば人間の厄年が8の倍数+数え年を加えたものもこのことから来ているのもこのためと推測しています。

では、この8年はどこを基点とするかですが、誕生日の1ヵ月後、正確には受胎日の1年後です。 このときを、生態エネルギー0として始まり、8年後2.0の最高値に達するように、1年0.25づつ増えていく。 そして8歳になると、4週間でまた0にもどり、新たな周期が始まるというものです。

以上引用
http://www.ceres.dti.ne.jp/~tkondo/eight.html

筆者は、長年の競馬の調査により、その理論はほぼ正しいことを経験しています。

実際、サッカーでも、多くの場合、24歳に体力的なピークが来て、25歳で怪我なり不調に陥る選手が大変多いです。

で、ダメかと思っていると、32歳に向けて再びピークを取り戻すのです。

その落ち幅の大きい少ない。たとえば、落ちないクリスチャーノロナウドと、落ちたメッシでは、基礎体力の部分で違うのではないかと思います。

当然、基礎体力がある方が、落ち込みが少ないです。
基礎体力の少ない選手は、大きく成績が上下します(例 大久保選手など)

テニスの錦織選手が絶好調ですが、今24際ですよね。
野球の田中マーくんも、24歳では、ほとんど負けませんでした。(25歳になった途端に怪我)

テニスの伊達公子やサッカーの中田英寿は25歳で引退など、数え上げればきりがありません。

香川の居るボルシアドルトムントの不調も、この8年周期のバイオリズムで完全に説明出来ます。
ボルシアドルトムントは、香川と同じ世代88年から89年生まれの選手中心に、ゲーゲンプレッシングという前からの激しいプレスと運動量で勝ってきたチームです。

彼らは24歳までは、それが出来ましたが、25歳になった途端に無理になったということです。

今の香川は、前線からの激しいアタックというよりは、今回のように中盤から一本のパスで状況を打開する役割の方が、バイオリズム的に合っているのでしょう。

8年ごとのバイオリズムの上下
活力のピークである24歳・32歳を8とし、翌年を1、その翌年を2とした数値

GK
川島31(7)→35(3)= -4

DF
内田26(2)→30(6)= +4
吉田(25(1)→29(5)= +4
森重27(3)→31(7)= +4
酒井高23(7)→27(3)= -4

MF
長谷部30(6)→34(2)= -4
遠藤34(2)→38(6)= +4
香川25(1)→29(5)= +4

FW
本田28(4)→32(8)= +4
岡崎28(4)→32(8)= +4
武藤22(6)→26(2)= -4

今回の先発メンバーにおけるフィールドプレーヤー10名のうち、2018年ロシアワールドカップでは、今よりバイオリズムが上がる選手が7人居ます。

遠藤も、今より上がるわけですから、加齢による体力の低下はあっても、遠藤の最大の武器は知能と技術ですから、バイオリズムが上がる2018年の方が活躍出来るかもしれません。というのが、当ブログの見解です。

特に、本田、岡崎は、マックスの8です。
長友や森重も高ポイントの7
細貝や西川も8です。

つまり、日本代表の主力選手達が、経験も積んでバイオリズムもマックスで迎えることが出来るロシアワールドカップは、上位を狙うことが可能な絶好のチャンスです。

一方、若手でどんどん伸びそうな武藤や酒井高は、現在よりかなりバイオリズムが下がることが分かります。

今回のアジアカップでは、もちろん活躍すると思いますよ

ただ、2018年を考えると、ただ闇雲に若手を重視すれば良いっていう話でもないのです。もちろん、彼らには経験が必要ですが。。

むしろ、2018年ロシアワールドカップに向けては、現在のU20やU17の選手が大幅に伸びることが必須になってくると思います。植田や南野の世代ですね。

ちなみに、ブラジルワールドカップ コートジボワール戦メンバー

先発メンバー

大迫24(8)
香川25(1)    本田28(4)   岡崎28(4)
山口蛍23(7)     長谷部30(6)
長友27(3) 吉田25(1) 森重27(3) 内田26(2)
川島31(7)

以上のように、フィールドプレーヤーの合計値は、39
DF9/4人
MF13/2人
FW17/4人

以上のように、中盤の選手は活力が高かったが、フォワードは中くらい
ディフェンスラインは、最低ランクということが分かる。

ディフェンスラインの崩壊は、この数値と多いに関係がありそうです。

香川の不調も、まさにこの数値通り

そして、このバイオリズムなのに合宿で体力的に追い込んだため、本番でガス欠したということが考えられます。

ちなみに、南アフリカの時は、

本田24(8)
大久保28(4)      松井30(6)
遠藤30(6)    長谷部26(2)
阿部28(4)
長友23(7) 中澤32(8) 田中29(5) 駒野28(4)
川島27(3)

以上のように、フィールドプレーヤーの合計値は、54と2014年大会を圧倒していることが分かる。

DF24/4人
MF12/3人
FW18/3人

特に、ディフェンス陣は、4人の合計が24と、平均6 で、体力・気力とも充実していたことが、失点の少なさに結びついたことは間違いない。

前線の3人の合計も18と、平均6 こちらも前線だけで得点出来たのは、偶然ではないことが分かる。

といわけで、これらを考慮に入れながら、2018年ロシアワールドカップを目指しましょう。

text by
contemporary creation+

東京 吉祥寺 大正通りのセレクトショップ (メンズ+レディース)です

体型別お洒落の方法 標準体型の人のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22479147/

フォルムで見る人と色で見る人
http://guild3.exblog.jp/22398557/

体型に自信が無い人のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22375715/

背が低めの女性の方へ お洒落ワンポイントアドバイス
http://guild3.exblog.jp/22355031/

大柄な方のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22223716/

体型別 お洒落の基本 お腹が出てしまった男性のお洒落の仕方とは?
http://guild3.exblog.jp/20577471/

体型別 お洒落の基本と応用 小柄な男性のお洒落の仕方
http://guild3.exblog.jp/20586720/

『音楽を奏でるようにストールを巻いてみよう』
http://guild3.exblog.jp/21359399/

簡単にお洒落度アップなアイテム 帽子
http://guild3.exblog.jp/21474400/

お洒落の本質を探る カラーコーディネイトの極意とは
http://guild3.exblog.jp/22215077/

商品などファッション関係は、こちらから
http://guild3.exblog.jp

そして、ファッション日本代表とも言うべき、新しい日本のデザイナーたちにも注目。

サッカーのフォーメーションと洋服のコーディネイトは良く似ている
http://guild3.exblog.jp/21004606/

服の素晴らしさは、音楽と同じで定量化出来ない
http://guild3.exblog.jp/20961332/

人間は、着心地の良いものを着ると幸せな気分になる
http://guild3.exblog.jp/20179893/

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

元マルジェラのデザイナーtomoumi ono『名前の無いブランド』コートフェア12月14日(日)まで

____no.8 元マルジェラのデザイナーtomoumi ono『名前の無いブランド』コートフェアは、12月14日(日)19:30まで(14日sun の営業は19:30まで)

Pコートですが、写真よりも若干丈が短めの作りになっています。

________no.8
元メゾン・マルタンマルジェラのデザイナー小野智海氏が手がける、『名前の無いブランド』コートフェア

好評につき売り切れていた、小野智海氏のコートですが、今回、期間限定で『名前の無いブランド』コートフェアを開催しておりますが、明日14日(日)19:30で最終日となります。

お買い残しのないようによろしくお願いします。

小野氏は、 文化→東京芸大→サンディカ→マルジェラという道を経て独立したのですが、サンディカ(Ecole de la chambre syndicale de la couture parisienne)時代に、
60年代にパリのサンディカを卒業して「BALENCIAGA(バレンシアガ)」で働いていた近藤れん子氏に立体裁断を学んだのだそうです。

というわけで、小野氏のコートガ、着心地と落ち感が、本当に素晴らしいのは、そのあたりにも原因がありそうです。

入荷したのは、軽くて暖かく、さりげなくて美しい着心地抜群の、カシミヤ混のチェスターフィールドコート
色はネイビー(紺色)、ひざ下丈

________no.8
design Tomoumi Ono
made in Jpapan
90%wool 10%cashmere
price 75,000yen + tax
size36,38,40  (36はレディースサイズ、38は、やや大きめの女性や小さめの男性サイズ、40は大きめの女性や標準体型のメンズサイズ)

チェスターフィールドコートは、薄いグレー・サイズ40もあり

贅沢なカシミヤ混の生地をたっぷりと使ったコートは、身幅はあるものの、痩せてる人にもふくよかな人にも似合う絶妙なシルエットで、体型カバー効果があり、しなやかなカシミヤ混の生地は、美しくドレープを描きます。
動いた時の表情も素晴らしいです。

本格的なミリタリーディテールで、しっかりとした厚手カシミヤ混の生地で作ったPコートは、定番のカタチでありながら、さりげなくエレガントで、長く愛せる一品となっております。
機能性も高いです。
着丈が短めなので使い易いのもポイント。ハーフコートとして申し分ないです^ ^(色はブラック)

________no.8
design Tomoumi Ono
made in Jpapan
90%wool 10%cashmere
price 64,000yen + tax
size34,36

小野さんの話では、生地の値段が1.5倍ほどに値上がりしたため、来シーズンから値上げせざるを得ないとのことで、これは、今が『買い』だと思います。

期間限定の入荷でサイズなど揃っております。

Tomoumi Ono

http://guild3.exblog.jp/i46/

こちらの商品へのお問い合わせ

contemporary creation+
contemporary creation+communication development

#101 2-31-2 kichijyoji-honchyo musashino city tokyo japan  180-0004
tel / 0422-20-8101 http://www1.parkcity.ne.jp/ccplus/
open 12:30-21:00
close : monday +friday(月+金=休 祝日の場合は営業)

changefashion

http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding

http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

サッカー日本代表 アギーレジャパン ブラジル戦大敗を分析します。

サッカー日本代表アギーレジャパン ブラジル戦大敗を分析します。

サッカー日本代表アギーレジャパン。ブラジル戦は、ネイマールの4得点で0-4の大敗

これで3年連続でブラジルと対戦し、3試合で11失点。そのうち7ゴールをネイマールに決められたことになります。

トホホホホ

サッカー分析行く前に

特定秘密保護法を12月10日に施行と閣議決定したそうですが、憲法違反なので、単なる脅しです。

司法の当たり前

『規則』より『法律』の方が上にあり、さらに憲法が上に来ます。

秘密保全法は、明らかに憲法違反です。

第二十一条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
○2  検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

これに違反してます。

つまり、違憲です。

第三十一条  何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。
第三十二条  何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。

第九十八条  この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

以上引用おわり

では、サッカー分析いきましょう。

サッカー:キリンチャレンジカップ:日本vs.ブラジル(会場:シンガポール) 2014年10月14日(火) 19時45分

日本0−4ブラジル

得点者
ネイマール(前半18分)
ネイマール(後半3分)
ネイマール(後半32分)
ネイマール(後半36分)

ブラジル代表メンバー
GK ジェフェルソン 1
DF ダニーロ 2
DF ミランダ 3
DF フィリペ・ルイス 6
DF ジウ 14
MF ルイス・グスタボ 17
MF エリアス 22
MF オスカル 11
MF ウィリアン 19
FW ジエゴ・タルデッリ 9
FW ネイマール 10

日本代表メンバー
GK 川島永嗣 1
DF 酒井高徳 3
DF 塩谷 司 16
DF 太田 宏介 21
MF 森重真人 6
MF 柴崎岳 7
MF 田中順也 8
MF 森岡亮太 17
MF 田口 泰士 22
FW 岡崎慎司 9
FW 小林 悠 19

スターティングメンバーが驚きました。

岡崎
田中順      小林悠
森岡    柴崎
田口
太田 森重 塩崎 酒井高
川島

ブラジル戦でありながら、本田、長友、細貝、武藤まで外してきました。

相当なオドロキです。

アンカー田口って、大丈夫なのか??

まあ、このメンバーでブラジルに勝つ可能性があると思うサッカー詳しい人は、ほぼ皆無だと思うが

試合が始まってみると、ピッチがでこぼこで、両チームとも苦しそう。

とはいえ、ブラジルが1点取った後は、いつものように省エネモード

明らかに本気じゃない。

でも、この本気じゃないブラジルが一番怖いわけで、本気じゃ無いモードから、突然本気になる。

ここでやられるのが、いつものパターン。

アギーレ監督が、試合後に、「前半の守備は良かった」と発言してましたが、たしかに、前半の守備は、無理にボールを取りにいかず、ディレイしてポジショニングで、守備の穴を埋め、最後にプレッシャーをかけることで、相手の攻撃のスイッチを入れさせない守備が出来ていました。

だから前半0-1ですんだと思います。

思ったよりやれた。

だから、全く悲観することはありません。

ただ、逆に、この守備が、ブラジルを楽にさせ、後半の攻撃に繋がったのも、これまた事実なわけで。

ブラジルは、前半、全く分からない日本代表の様子を伺っていたと思います。

特に、柴崎が、中盤で良いターンから相手を抜くシーンなんかを良く見ていたと思います。

そういった癖というか、軽いプレーをブラジルが見逃すはずがありません。

日本のセットプレーの際のカウンター対応を田口と酒井高徳の2人でやっていたのもポイントで

カウンター対策が劇甘でしたね、正直な話。

というわけで、ブラジルは、後半、日本を圧倒していきます。

後半3分に、再びネイマールにやられ ました。

これも、典型的なブラジルパターンですよね。

試合の開始直後と終了直後に、本気になって攻めてくる。

分かっているはずなのに、対応出来なかった。

後半、主力組と思われる選手を続々投入した日本でしたが、流れは全く変わらなかった。

これは、ピッチがぼこぼこで、ピッチに慣れるまで時間がかかったということも大きそう。

これが、ちょっとしたミスやトラップのずれを生んだのかも。

こういうピッチで最も強いのがブラジルという国の選手達。

カカやロビーニョといった後から入ってきた選手は、ちゃんと対応していたわけで、日本は言い訳出来ませんね。

得点は全てネイマール

もう、ネイマールから学んだ方が良さそうです。

無駄の無いスムーズな動き、滑らかな加速力、しなやかな動き。

ネイマールは、日本人と変わらない華奢な体格です。

でも、潰せないのは、しなやかだからです。

日本の選手は、とかく筋肉でガードして大柄の選手に当たり負けしない身体作りをしようとして失敗する人が多いです。

しなやかで柔らかければ折れない。

一流の選手は、皆、しなやかで柔らかいです。

U17の頃は、ネイマールも、宇佐美も柿谷も同レヴェルだったと思います。

そこから差が付いたのは、闘っている相手が違うこと。
それから、しなやかさをより多く獲得しているからです。

体幹は鍛えられているのに、しなやか。
動作がスムーズでスピードがある。

これが、ネイマールです。

日本の選手達は、どんどん研究して取り入れて欲しいです。

ガンバの藤春選手なんかが同じような走り方をしていて、一時凄く良かったのですが、最近落ち込んでますね。

やはり、しなやかさとスピードの両立が必要なのでしょう。

Jリーグや今までの親善試合で光輝いていた柴崎も、守備でブラジルにボコボコにされました。

思う事はあったでしょう。

これが無いと、成長出来ません。

今の実力では歯が立たないという経験を積まないと強くなれない。

そういう意味では、今まで活躍出来ていた武藤とか柴崎は、この試合で、それを痛感したことでしょう。

それをきっかけに伸びてくれればポジティブです。

おそらく、この試合は、主力組が出ていても、ボコボコにされたと思いますが、そうと分かっていたから、あえて若手中心のメンバーを組んで、その状況の中で闘える選手を見極めた。
そして成長を即したということなのかな。

この試合の後、岡崎が興味深いことを言っていました。

4失点という結果については「一人一人が個人の能力を高めないといけないというのもあるし、さらにチームとして今の戦い方でやるんだったらもっと徹底的にやらないといけないし、突き詰めないといけないところはいっぱいあると思います」と課題を口にした

ブラジル相手に、1対1で闘ったら、負けますよね。個人の能力で劣っているから。
それを組織で闘ったら、補えることはある。
でも、やはり、個人で勝たないことには、実力が上がらない。

だから、まず個人の能力を高めた上で、組織的に闘えるようにしないとならない。

ということです。

岡崎は、本当に一歩一歩着実にトータルの実力を上げてきていて、今は、ドイツブンデスリーガで得点争いの首位に立っている。

それでも、ブラジルの固いボランチの2人とセンターバックの2人のブロックを突き崩すのは難しい。

一回バーに当たった惜しいシュートはありましたけれども。

だから近づいてきてはいるわけです。

この試合、ポジティブだったのは、左サイドバックの太田ですね。
太田の攻撃力、クロスやパスの精度は、ブラジル相手にも十分に通用していたと思います。

左サイドのセットプレーは、全て太田が蹴るべきだったかも。

ただ、サイドバックでの守備に関しては、1−2を多く作られていましたので、ポジショニングが中途半端になる場面が多かった(連携の問題ですが)ですし、センターバックの位置に入った時も、ディフェンス甘かったです。

このあたりを改善出来れば、右サイドバック長友で、左サイドバック太田という選択は、十分有りだと思いました。

Jリーグにおいて、最も効果的な4−3−3をやっていたのは、2010年の清水です。

小野伸二が帰国して入団し、劇的に変化、首位を走った前半

岡崎や太田は、ちょっと思い出して欲しいですね。
なぜ機能したのかを。

清水2010

ヨンセン
岡崎       藤本
兵働    小野
本田拓
太田 ボスナー 平岡 辻尾
西部(山本海)

text by
contemporary creation+

東京 吉祥寺 大正通りのセレクトショップ (メンズ+レディース)です

体型別お洒落の方法 標準体型の人のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22479147/

フォルムで見る人と色で見る人
http://guild3.exblog.jp/22398557/

体型に自信が無い人のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22375715/

背が低めの女性の方へ お洒落ワンポイントアドバイス
http://guild3.exblog.jp/22355031/

大柄な方のお洒落のコツとは??
http://guild3.exblog.jp/22223716/

体型別 お洒落の基本 お腹が出てしまった男性のお洒落の仕方とは?
http://guild3.exblog.jp/20577471/

体型別 お洒落の基本と応用 小柄な男性のお洒落の仕方
http://guild3.exblog.jp/20586720/

『音楽を奏でるようにストールを巻いてみよう』
http://guild3.exblog.jp/21359399/

簡単にお洒落度アップなアイテム 帽子
http://guild3.exblog.jp/21474400/

お洒落の本質を探る カラーコーディネイトの極意とは
http://guild3.exblog.jp/22215077/

商品などファッション関係は、こちらから
http://guild3.exblog.jp

そして、ファッション日本代表とも言うべき、新しい日本のデザイナーたちにも注目。

サッカーのフォーメーションと洋服のコーディネイトは良く似ている
http://guild3.exblog.jp/21004606/

服の素晴らしさは、音楽と同じで定量化出来ない
http://guild3.exblog.jp/20961332/

人間は、着心地の良いものを着ると幸せな気分になる
http://guild3.exblog.jp/20179893/

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion
http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します
http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/

サッカー日本代表アギーレジャパンの初勝利 ジャマイカ戦分析

さて、サッカー日本代表アギーレジャパンの初勝利レポートです。
物足りない部分もありましたが、概ねポジティブな評価をしています。

サッカー:キリンチャレンジカップ:日本vs.ジャマイカ(会場:新潟デンカビッグスワンスタジアム) 2014年10月10日(金) 19時25分

日本1−0ジャマイカ

オウンゴール(前半16分)

先発メンバーリスト
POS 名前 所属 生年月日 身長 体重

GK
西川 周作
浦和レッズ 1986/6/18 183cm 81kg

DF
長友 佑都
インテル(イタリア) 1986/9/12 170cm 68kg

DF
森重 真人
FC東京 1987/5/21 183cm 76kg

DF
塩谷 司
サンフレッチェ広島 1988/12/5 182cm 80kg
DF
酒井 高徳
シュツットガルト(ドイツ) 1991/3/14 176cm 74kg

MF
細貝 萌
ヘルタ・ベルリン(ドイツ) 1986/6/10 176cm 68kg

MF
香川 真司
ドルトムント(ドイツ) 1989/3/17 172cm 64kg

MF
柴崎 岳
鹿島アントラーズ 1992/5/28 175cm 64kg

FW
岡崎 慎司
マインツ05(ドイツ) 1986/4/16 174cm 76kg
FW
本田 圭佑
ACミラン(イタリア) 1986/6/13 182cm 74kg

FW
武藤 嘉紀
FC東京 1992/7/15 178cm 72kg

岡崎
武藤       本田
香川    柴崎
細貝
長友 森重 塩谷 酒井高
西川

ということで、西川がキーパー
森重と塩谷のセンターバック
細貝をアンカーに、香川と柴崎をインサイドハーフ

武藤と本田をウイングに置いて、岡崎のセンターフォワード

当ブログオススメのスタメンと非常に近いメンバー構成です。

機能しそうですね。と思いました。

実際、守備においては、今までで一番機能していたと思います。

特に、細貝のアンカー適正は秀逸で、素早いチェックから、相手の攻撃の芽を摘んでいました。

そして、細貝のチェックがあるからこそ、インサイドハーフやサイドバック、センターバックも、果敢にボール奪取に行けるということで、良い循環を生んでいたと思います。

塩谷がボールを奪いに行くことも多かったのですが、そこは、サイドバックの選手がうまくカバーしていました。

後は、ブラジルのように、もっと強い相手と当たった時にどうなるか?ですね。

塩谷も非常に良かったと思います。
筆者は、日本代表には、塩谷のように、スピードがあり、フィジカルが強く、技術力のあるセンターバックが必須だと考えています。

この塩谷の活躍の裏には、本田圭佑のちょっとした気遣いがあったようです。

ジャマイカ戦開始前、本田は塩谷にこう語りかけたという。

「普段持っていること、できていることを100とすれば、きょうはそのもうちょっと下でもいい。硬くならずに普段やっていることをやればいいから」

なかなか本田も大人になったというか、そういう選手になってきたのだなと。

酒井高徳に関しても、細貝がアンカーに入ったので、大分やりやすくなったのではないかと思います。
守備に関しては、本来のスピードとフィジカルが生きていたようです。

攻撃に関しては、チャンスを多く作りましたが、フィニッシュを決められずという展開。

前線の選手は、かなり機能するようになってきていましたが、
こういう展開は、もっと強い相手と闘っていると、一発で逆転までありますから、もっとどん欲にゴールを決めてほしいです。

その点、得点シーンの柴崎の動きは、前回のベネズエラ戦に引き続き、理想のインサイドハーフの動きですね。

あそこの場面を走りきることが、得点を生み出すのです。

柴崎以外の選手の動きも、とても良かったです。

本田が今年活躍出来ているのは、走れているからですね。
今までの本田は、フィジカルの強さでキープしようとしていたり、ポジショニングでなんとかしようとしていましたが、今期の本田は、4−3−3の3のウイングをやっている関係で、スペースへ走り込む動きの量と質、スピードが格段に改善されました。

ワールドカップのロッベン見たからですかね。
やはり、走っているから、強い相手でもボールを奪われにくくなっていると思います。

岡崎にしろ武藤にしろ、そうですね。
走れていることが、活躍に繋がっていると思います。

そして、そこで走りきれるのは、守備がしっかりしているからということが大きいです。

相手のカウンターを上手く防げているから、人数をかけて走り込めるわけです。

良い攻撃は、良い守備が生み出すということです。

あと、ディフェンスからのビルドアップに関しては、もうちょっと緩急を付けることが大事になってくると思います。

それと、相変わらず、とんでもないミスパス(プレゼントパス)が見受けられますので、キーパーにバックパスも無理そうな時は、クリアで良いと思います。

森重と長友のパスミスは、もっと強いチームなら、確実に2点でした。

こういうイージーミスは無くせますから。

後半

武藤
本田       小林
香川    柴崎
細貝
長友 森重 塩谷 酒井高
西川

カウンター対策ですかね。武藤のワントップで、小林が右サイド

左サイドの連携は良くなりましたが、本田のシュートの期待が減った感じがありました。

本田を左サイドのウイングにするなら、インサイドハーフでも良いのかな?と。

で、柿谷のワントップ

柿谷
本田       小林
田口   柴崎
細貝
太田 森重 塩谷 酒井高
西川

柿谷のワントップのわりに、カウンターが効かなかった印象があるのが、ちょっと気になりました。

このシチュエーションですと、当然カウンター狙いなはずなので。。

それは、柿谷の問題というより、全体の問題かなと。

小林に関しては、それなりに出来ていたと思いますが、まだ機能するところまでは行っていない感じ。
工藤と一緒で使い易そうな選手だなと思いますが。

少ない時間ですが、太田のクロスで良いのが一本ありましたね。
攻撃面では、やはり行けそうです。
あとは、守備が通用するか?ですね。

次は、いよいよブラジル戦ですね。

香川が脳しんとうで離脱ということで心配ですが、香川のポジションには、田中順也が入りそうで、田中順也が入ると、大分性格が変わりそうです。

こんな感じか。

岡崎
武藤       本田
田中順    柴崎
細貝
長友 森重 塩谷 酒井高
西川

ネイマールは、酒井高徳でもスピードとフィジカルでは対抗出来そうですが。。

もしくは、長友を右サイドにして左サイドバックを太田

岡崎
武藤       本田
田中順    柴崎
細貝
太田 森重 塩谷 長友
西川

こうすると、左サイドにFC東京のコンビが出来るので、やりやすいかもしれません。

長友とネイマールのマッチアップですね。

さて、ドゥンガ監督が復帰したブラジル。

ブラジル代表メンバーは以下のとおり。

<GK>
ジェフェルソン(ボタフォゴ)、ラファエウ(ナポリ)

<DF>
ダニーロ(ポルト)、マリオ・フェルナンデス(CSKAモスクワ)、ドド(インテル・ミラノ)、フィリペ・ルイス(チェルシー)、ダビド・ルイス(パリSG)、マルキーニョス(パリSG)、ジウ(コリンチャンス)、ミランダ(Aマドリード)

<MF>
ルイス・グスタボ(ボルフスブルク)、エリアス(コリンチャンス)、フェルナンジーニョ(マンチェスターC)、エベルトン・リベイロ(クルゼイロ)、コウチーニョ(リバプール)、ラミレス(チェルシー)、オスカル(チェルシー)、ウィリアン(チェルシー)

<FW>
ロビーニョ(サントス)、リカルド・グラル(クルゼイロ)、ジエゴ・タルデッリ(アトレチコ・ミネイロ)、ネイマール(バルセロナ)

あと、カカが追加招集されてました。

アルゼンチン戦のメンバー

ジェフェルソン;
ダニーロ
ミランダ
ダビジ・ルイス
(90′ ジウ)
フェリペ・ルイス;
ルイス・グスタヴォ
エリアス
ヴィリアン
オスカル;
ジエゴ・タルデリ
(82′ カカ)
ネイマール
(90+6′ ロビーニョ)

http://members.jcom.home.ne.jp/wcp/Amatch20141011Superclasico.html

だそうです。

楽しみです。

text by
contemporary creation+

東京 吉祥寺 大正通りのセレクトショップ (メンズ+レディース)です

フォルムで見る人と色で見る人

http://guild3.exblog.jp/22398557/

体型に自信が無い人のお洒落のコツとは??

http://guild3.exblog.jp/22375715/

背が低めの女性の方へ お洒落ワンポイントアドバイス

http://guild3.exblog.jp/22355031/

大柄な方のお洒落のコツとは??

http://guild3.exblog.jp/22223716/

体型別 お洒落の基本 お腹が出てしまった男性のお洒落の仕方とは?

http://guild3.exblog.jp/20577471/

体型別 お洒落の基本と応用 小柄な男性のお洒落の仕方

http://guild3.exblog.jp/20586720/

『音楽を奏でるようにストールを巻いてみよう』

http://guild3.exblog.jp/21359399/

簡単にお洒落度アップなアイテム 帽子

http://guild3.exblog.jp/21474400/

お洒落の本質を探る カラーコーディネイトの極意とは

http://guild3.exblog.jp/22215077/

商品などファッション関係は、こちらから

http://guild3.exblog.jp

そして、ファッション日本代表とも言うべき、新しい日本のデザイナーたちにも注目。

サッカーのフォーメーションと洋服のコーディネイトは良く似ている

http://guild3.exblog.jp/21004606/

服の素晴らしさは、音楽と同じで定量化出来ない

http://guild3.exblog.jp/20961332/

人間は、着心地の良いものを着ると幸せな気分になる

http://guild3.exblog.jp/20179893/

contemporary creation+
180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-31-2#101
Tel/Fax:0422-20-8101
open=12:30~21:00 月+金=休 (祝日の場合は営業)

http://guild3.exblog.jp

コンテンポラリーファッションの総合サイト
changefashion

http://changefashion.net/blog/ccplus/

365wedding 特別な場所での役に立つウェディング情報 世界遺産・重要文化財・美術館で結婚式など、ウェディングの新しいカタチを探求します

http://blog.goo.ne.jp/mayandjune/